VFC HK416Cの調整 3回目

今日はこのブログでもお馴染みとなったVFC製HK416Cのメンテンスを御紹介致します。


独特のストックとショート化されたフロント周りはMP5並にコンパクトです。


今回、お持込み頂いたお客様は当店で何丁もの電動ガンの調整を依頼頂いているお客様です。

今回の御要望は下記の通りです。
・初速は0.2gBB弾で最大90m/s
・メカボックス内部のメンテンス及び点検
・ピストン、タペットプレートは強化タイプへ変更
・ホップパッキンは魔ホップへ変更
以上です。

では、早速分解してみましょう。

相変わらず上下レシーバーの噛み合いが渋く、レシーバーの分解にはコツが必要となります。
今回お預かりした際にもお客様が難儀したようでロアレシーバーに苦労された後が残っていました。


メカボックスを取り出します。

以前にも御紹介しましたが、HK416独特のグリップ内の配線の取り回しは
通常のM4と異なるので注意しましょう。


メカボックスを開けます。

黄ばんだ独特のグリスです。よくよく観察してみるとギヤ部分にも同じグリスが使用されているようで、鉄の部分に付いたグリスは黄ばんでおらず、樹脂部分に付いているグリスが黄ばんでいました。

全てのパーツをメカボックスから取り出し、洗浄した後に新たなグリスを塗布します。
接点部分も同様に専用グリスにてグリスアップを行います。
今までの経験からベベルギアの軸が微妙に長いことがあるのでシムを入れた上で点検を行います。

今回の御依頼内容に基づき、ピストンはModifyのハイスピードピストン、
タペットプレートはガーダー製に変更します。
Modifyのハイスピードピストンはラックギヤの後端がセクターギヤに干渉することがあるので点検した上で組み込みます。

今回は初速の最高値が90m/sということなので、ピストンヘッドのスペーサーを撤去し、
サブゼロのS80スプリングを使用します。


各パーツの組み込みが完了致しました。

スプリングガイドにはベアリングが付いているので、この分を加味した上でスプリングの選定を行います。


メカボックスをロアレシーバーへ組み込みます。



次にチャンバー、インナーバレルの点検を行います。

VFC製のホップパッキンは肉薄で、他社製のパッキンをセットする場合、無理に押し込むとパッキンを痛めるばかりか適正位置からパッキンの枕部分がズレてしまうことがあるので慎重にセットしましょう。

インナーバレルの歪みや曲がりも無かったので清掃して組み込みます。


以上で完成です。



では弾速の確認です。

イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し
ホップを全開放状態で計測します。

最高で89.87m/s、10発の平均で89.69m/sとなりました。


以上、当店のVFC製 HK416Cの調整を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。

なお、先日も御案内致しましたが
この度、事務所移転に伴い、サービスキャンペーンの第一弾としまして
5月20日まで海外製電動ガンメンテナンスキャンペーンを開催致しております。



2013年5月20日までに調整をお申込み頂いくと通常の作業料金が
20%off!となっております。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

※現在、キャンペーン中ということもあり、調整のお申し込みが大変増えております。
現在、納品までに約2週間を要しております。大変申し訳ございませんが、納期の遅延も含め何卒、御了承下さいますようお願い申し上げます。



今回の調整でも使用したSUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。





同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
メンテナンスについて
VFC SCAR-Lの調整
メンテナンスキャンペーンのお知らせ
CA MP5A2の調整
MAGPUL PDR-Cの調整
2016メンテナンスキャンペーン
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 メンテナンスについて (2016-09-28 12:13)
 VFC SCAR-Lの調整 (2016-08-13 12:01)
 メンテナンスキャンペーンのお知らせ (2016-08-02 13:27)
 CA MP5A2の調整 (2016-07-16 12:04)
 MAGPUL PDR-Cの調整 (2016-05-02 12:00)
 2016メンテナンスキャンペーン (2016-01-11 13:16)

2013年05月14日 Posted by PEAK  at 20:06 │Comments(0)メンテナンス

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。