VFC HK416Cの調整

本日は当ブログでもお馴染みとなっているVFC製HK416Cの調整内容を御紹介致します。


非常にコンパクトゆえにゲームに適したサイズで剛性もしっかりとしているのでビギナーからエキスパートまで人気の理由がうかがえます。

今回は御使用中の本体の内部調整に伴い、外部ソース式からRASインバッテリー式に変更という事で御依頼頂きました。

では、メカボックスを取り出します。

外観からは目立った異常は見受けられませんでした。


メカボックスを開けます。

スプリングはテンションの低い物が使用されていましたが、ギヤなどに損傷や摩耗もありませんでした。
各部清掃を行って、細部まで点検を行います。

今回は他の方と同様にスプリングテンション式のシム調整式から通常のシム調整式へ変更しました。
またシリンダー容積をインナーバレル長に見合った物へ交換しました。
ピストンはストローク時のロック防止策としまして、後部を研磨してスプリング噛みを防止しています。


各部グリスアップを行いまして、メカボックスの作業は完了です。

今回は0.2gBB弾で95m/sあたりを御希望でしたのでサブゼロのS90スプリングを使用しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検と清掃及び可変ホップのストロークを点検します。

こちらも動作は全く問題ありませんでした。
パッキンを国産の物へ変更しました。

次はリポバッテリーのRASイン加工を行いました。

今回は7.4v1000mAhが入るように手作業にて加工を行いました。
アウターバレル上部も研磨し、バッテリーの座りが良いように加工してあります。
ガスブロックを削り、配線の逃げを作りました。

横から見た状態

コネクターはRASの下側に入るように致しました。これにより配線がRASに挟まるのを防止しています。

RAS装着状態

このように1000mAhのバッテリーがきれいに収まります。


以上で作業は完了です。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94.7m/s、10発平均で93.8m/sとなりました。


以上、今回はVFC製 HK416Cの調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。







同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
メンテナンスについて
VFC SCAR-Lの調整
メンテナンスキャンペーンのお知らせ
CA MP5A2の調整
MAGPUL PDR-Cの調整
2016メンテナンスキャンペーン
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 メンテナンスについて (2016-09-28 12:13)
 VFC SCAR-Lの調整 (2016-08-13 12:01)
 メンテナンスキャンペーンのお知らせ (2016-08-02 13:27)
 CA MP5A2の調整 (2016-07-16 12:04)
 MAGPUL PDR-Cの調整 (2016-05-02 12:00)
 2016メンテナンスキャンペーン (2016-01-11 13:16)

2015年09月12日 Posted by PEAK  at 12:00 │メンテナンス