E&C M4A1の調整

本日はE&C製M4A1の調整内容を御紹介致します。



E&Cというブランドはあまり聞きなれない名称ですが、M4系など幾つかのラインナップを展開しているメーカーで、私共でも初の調整作業となりました。

今回は購入後、数回ゲームに使用したとの事で、オーバーホールを兼ねて調整を依頼頂きました。

早速、分解してみましょう。

メカボックスを取り出します。

分解についてはオーソドックスな方法で、アンビセレクター、ボルトストップ機構のついたM4と同じです。

中国産ならではの本体ですが、比較的、パーツ構成は良い部品が使用されていました。

メカボックスを開けます。


グリスは乾燥して、潤滑効果は期待できません。
全ての部品を取り出し、清掃後に点検を行いました。

不具合の箇所は以下の通りです。

・セクターギヤの遊びが大きく、ピストンに複数の当たり傷がありました。
・ピストンへッドの歪み
・シリンダーヘッドのバンプラバーの剥がれ
・ノズルとシリンダーヘッドパイプのクリアランス大
・ピストンレールとピストンの干渉

以上の状態により、シリンダーヘッド、ピストン、ピストンヘッド、ノズルを交換しました。
メカボックス側のピストンレールを研磨致しました。

シム調整を行い、各部グリスアップしてメカボックスの調整は完了です。


今回、0.2gBB弾 ホップ解放状態で95m/s位を御希望とのことでしたので、
SUB ZERO S90 電動ガン用スプリングを使用しました。

ロアレシーバーとグリップを取り付けて動作確認を行いました。

調整前と比べてギヤノイズや振動が低減しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検と清掃を行います。

各部の汚れやバリはあるものの、部品としてはよく出来た物を使用していました。
パッキンはマルイ製の物に変更しました。

以上で完成です。




弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で95.6m/s、10発平均で95.33m/sとなりました。


以上、今回はE&C製M4A1の調整内容を御紹介致しました。

私共では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお問い合わせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。







同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
メンテナンスについて
VFC SCAR-Lの調整
メンテナンスキャンペーンのお知らせ
CA MP5A2の調整
MAGPUL PDR-Cの調整
2016メンテナンスキャンペーン
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 メンテナンスについて (2016-09-28 12:13)
 VFC SCAR-Lの調整 (2016-08-13 12:01)
 メンテナンスキャンペーンのお知らせ (2016-08-02 13:27)
 CA MP5A2の調整 (2016-07-16 12:04)
 MAGPUL PDR-Cの調整 (2016-05-02 12:00)
 2016メンテナンスキャンペーン (2016-01-11 13:16)

2014年08月01日 Posted by PEAK  at 17:56 │メンテナンス