MASADA CQBの調整

新年あけましておめでとうございます。

本年もピークアーマメントを宜しくお願い申し上げます。

年末にもお伝え致しましたように調整作業は順次行なっております。
お待ち頂いているお客様には大変ご迷惑をお掛け致しております。
何卒、御了承下さい。

さて、本日は当ブログでもお馴染みとなったPTS MAGPUL製MASADA CQBバージョンの調整を御紹介致します。
以前、御紹介した内容と重複する部分もございます。
予め御了承下さい。



では早速、メカボックスを取り出します。


現仕様でMASADA CQBモデルはストリームラインバージョンとはケーブルが異なります。
ストリームラインバージョンは厚手のシリコン被覆を使用しており、ロアレシーバーから
メカボックスを取り出す際はケーブルが引っ掛かる事があるのですが、
このCQBモデルは薄手の被覆なのでメカボックスの出し入れはスムーズに行えます。


前回、御紹介したストリームラインバージョンでもありましたが、
マイクロスイッチへのハンダ付けがきちんと行われていませんでした。

念の為にハンダを吸い取り、再度ハンダ付けを行いました。



今回の調整にあたり、お客様から下記のように御指示がありました。
・耐久性を向上させたい
・初速は0.2gBB弾で95m/s
・チャンバーの調整

耐久性を上げるといった場合、様々な方法があるのですが、
私共では無闇にパーツを変えることはありません。
むしろ、現段階で良いパーツを残し、その残ったパーツを活かす方法で他のパーツの選定を行います。

今回はシリンダー交換必須となりましたが、純正のポリカーボネイトピストンはギヤの精度に対して、見合うものではなかったのでModifyのウルトラピストンを使用しました。
もちろん、そのままでは干渉する部分や動作の抵抗になる部分があるので、加工を行ってからの組み込みとなります。

またギヤに関してはサイクルアップを要求しているわけではないので、バリ取りと中心軸の点検を行います。
軸受は固定されていることはもちろんですが、平面がきちんとでているか確認し、
ベアリング内の油分を除去してから、消音効果に優れたグリスを圧入します。

メカボックスに関してはピストンレールとピストンの干渉具合を確認し、必要に応じて研磨を行います。

シム調整に関してはセオリーはセオリーとして、パーツの組み合わせに最適な方法で調整を行います。

スイッチ周りも「マイクロスイッチだから焼けない」ということはありませんので、通常のスイッチと同じ方法で焼け防止策を行います。
但し、注意しなくてはいけないのはスイッチ接点の材質によっては同じ手法を行うと逆に通電不良を引き起こす場合があります。

以上でメカボックスの作業は完了です。

次にチャンバーブロックの点検です。



最近のロットではスプリングピンとピン穴の径が適正となったような気がします。
決して、抜けやすくなったという意味ではありません。

チャンバーブロックとチャンバー部のガタ取りを行います。
この作業も個体によっては全く必要としない物もあります。


ホップのエレベーションの確認です。

最近のCQBモデルはホップが全開放にならない物が多く、最初から適正ホップ以上にホップが掛かってしまう状態です。

この機構はMASADA特有の物なので、これには散々悩まされましたが、ある方法を用いて
ホップの全開放にすることが可能となりました。


インナーバレルとパッキンの点検です。

インナーバレルは曲がりや傷は無いものの、汚れが酷かったので入念に清掃を行いました。


以上でチャンバー、インナーバレル周辺の点検は完了しました。
全てを組み上げて完成です。
今回はSUB-ZEROのS90スプリングを使用しました。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で95.05m/s、10発平均で94.24m/sとなりました。



以上、今回はPTS MAGPUL製MASADA CQBモデルの調整内容を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。











同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
メンテナンスについて
VFC SCAR-Lの調整
メンテナンスキャンペーンのお知らせ
CA MP5A2の調整
MAGPUL PDR-Cの調整
2016メンテナンスキャンペーン
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 メンテナンスについて (2016-09-28 12:13)
 VFC SCAR-Lの調整 (2016-08-13 12:01)
 メンテナンスキャンペーンのお知らせ (2016-08-02 13:27)
 CA MP5A2の調整 (2016-07-16 12:04)
 MAGPUL PDR-Cの調整 (2016-05-02 12:00)
 2016メンテナンスキャンペーン (2016-01-11 13:16)

2014年01月06日 Posted by PEAK  at 12:00 │メンテナンス