スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

次世代 RECEEライフルの調整

本日は次世代M4シリーズの人気モデルRecee rifleの調整内容を御紹介致します。




Daniel Defense社公認の10インチフリーフロートレイルを採用したモデルです。

今回の依頼内容は
・動作時に異音が出ている
・ホップが掛かりづらい
・トリガーを引いてから発射までのレスポンスが悪い
・初速を0.2gBB弾にて95m/sくらい
・メカボックス内の各ギヤを全交換
・軸受をSUS製へ交換

では早速、メカボックスを取り出します。

購入時より2年を経過しているとの事で、それなりにグリスの漏れが各所から見受けられます。
またメカボックスを取り出す際に発見したのですが、ストック後部のバッテリーの接点が湾曲し、
2個あるうちの片側が欠損していました。


メカボックスを開けます。

セクターギヤは経年と使用年数により摩耗しています。また異音の原因はモーターのピニオンギヤとべベルギヤの摩耗によるものと推測されます。
さらにシリンダー内に埃や土が侵入し、ピストンの圧縮がほとんど感じられません。同様にノズルは内外共に土が付着していました。またスイッチの接点に関しても摩耗は見られないものの汚れがが堆積していました。
これら交換部品以外は清掃し、さらに点検を行いました。



軸受はステンレスタイプへ変更し、セクター、スパー、べベルのギヤはギヤ同士の擦り合せを行い、軸受けとのクリアランスを確認してからシム調整を行いました。ピストンに関しては偏摩耗もなかったので、各部加工して使用しました。シリンダー内はホーニング処理を行い、Oリングは新品へ交換しました。

以上、各部をグリスアップしてメカボックスの作業は完了です。


次にチャンバー、インナーバレルの点検です。

チャンバー内にも土が侵入していました。パッキンも変形し、汚れていたので新品へ交換しました。
インナーバレルやチャンバーは無理に擦ると傷つく恐れがあるので、水で土や埃を洗い流してから従来通りの清掃を行いました。
タペットプレートの摩耗防止策を致しました。
各部異常は見受けられなかったので、組み立てて完了となります。


ストック後部の接点は新品へ交換しました。
以上をもって、作業は全て完了です。


弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。


最高で94.7m/s、10発平均で94.1m/sとなりました。


以上、今回は東京マルイ製 レシーライフルの調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2015年09月25日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス

MP7A1の調整

本日は東京マルイ製MP7電動の調整内容を御紹介致します。



今回の依頼内容は、お客様御自身で内部パーツの交換を行った際に不具合が発生したとの事で、バラバラの状態でお持ち込み頂きました。
また本体とは別に各種パーツの組込を依頼頂き、内部の点検と初速を御指定頂きました。


では、早速メカボックスを点検します。

仮組した状態で点検を行ったところ、メカボックス自身には問題ありませんでしたが、セクターギヤとタペットプレートは使用には問題が残る状態でしたので、新品に交換致しました。

また軸受はメタルタイプをお持ち込み頂きましたが、こちらはそのままではギヤを強く押し込んでしまい、回転の抵抗となっていたので、適正な厚みまで同寸法にて研磨致しました。

さらにシリンダーヘッドはピストン圧縮時に難が有るのと、ノズル基部から空気が漏れてしまうために使用を見送りました。
このように社外品をお持ち込み頂いても、性能が思ったように上がらない場合は、お客様に了承を頂き純正品もしくは代用品を使用致します。
今回は純正品を使用した事で、最適な状態になりました。


モーターも新品に交換し、ケーブルも交換しました。
シム調整、各部グリスアップを行いまして、メカボックスの作業は完了です。
今回は0.2gBB弾にて90m/s位を御希望でしたので、SUBZEROのコンパクト電動ガン用スプリングC80を使用しました。

バッテリーの出し入れに不具合があるという事でしたが、レシーバーの分解時にバッテリーを引き出すアームがずれていたので、これを修正して問題なく作動するようになりました。
インナーバレル、チャンバーは清掃、点検を行いましたが、可変ホップの動作、摩耗など異常はありませんでした。

メカボックスをレシーバーに組込んで完成です。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で91.2m/s、10発平均で90.5m/sとなりました。


以上、今回は東京マルイ製 MP7A1の調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2015年09月23日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス

VFC HK416Cの調整

本日は当ブログでもお馴染みとなっているVFC製HK416Cの調整内容を御紹介致します。


非常にコンパクトゆえにゲームに適したサイズで剛性もしっかりとしているのでビギナーからエキスパートまで人気の理由がうかがえます。

今回は御使用中の本体の内部調整に伴い、外部ソース式からRASインバッテリー式に変更という事で御依頼頂きました。

では、メカボックスを取り出します。

外観からは目立った異常は見受けられませんでした。


メカボックスを開けます。

スプリングはテンションの低い物が使用されていましたが、ギヤなどに損傷や摩耗もありませんでした。
各部清掃を行って、細部まで点検を行います。

今回は他の方と同様にスプリングテンション式のシム調整式から通常のシム調整式へ変更しました。
またシリンダー容積をインナーバレル長に見合った物へ交換しました。
ピストンはストローク時のロック防止策としまして、後部を研磨してスプリング噛みを防止しています。


各部グリスアップを行いまして、メカボックスの作業は完了です。

今回は0.2gBB弾で95m/sあたりを御希望でしたのでサブゼロのS90スプリングを使用しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検と清掃及び可変ホップのストロークを点検します。

こちらも動作は全く問題ありませんでした。
パッキンを国産の物へ変更しました。

次はリポバッテリーのRASイン加工を行いました。

今回は7.4v1000mAhが入るように手作業にて加工を行いました。
アウターバレル上部も研磨し、バッテリーの座りが良いように加工してあります。
ガスブロックを削り、配線の逃げを作りました。

横から見た状態

コネクターはRASの下側に入るように致しました。これにより配線がRASに挟まるのを防止しています。

RAS装着状態

このように1000mAhのバッテリーがきれいに収まります。


以上で作業は完了です。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94.7m/s、10発平均で93.8m/sとなりました。


以上、今回はVFC製 HK416Cの調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2015年09月12日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス

MASADAの調整

いつもピークアーマメントのブログを御覧頂き誠にありがとうございます。

本日は、当ブログでもお馴染みのMAGPUL PTS MASADAの調整内容を御紹介致します。




今回は私共にて調整を行った個体の定期的なメンテナンスと点検を含めてお預かり致しました。

ではメカボックス内から点検を行います。

外部から見る限り異常は見受けられません。


ではメカボックスを開けます。

大きな摩耗や損傷は見当たりません。
部品を取り外し、洗浄後点検を行いまして、グリスアップを行います。


メカボックス内部のメンテナンスが完了しました。

シリンダー内の油分が若干少なかったのと、ピストンリングのシリンダーと接触する部分に面ができていたので、Oリングを交換し、適正グリスにてグリスアップを行いました。
マイクロスイッチ内部を確認したところ、動作に影響を及ぼす焼け等は見受けられませんでした。


インナーバレル、チャンバーを清掃し、可変ホップの昇降を含めて点検を行いました。


以上にて全ての作業は完了となります。


弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94m/s、10発平均で93.2m/sとなりました。


以上、今回はMAGPUL PTS製 MASADAの調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2015年09月08日 Posted by PEAK  at 12:05メンテナンス