スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

VFC 電動MP5の調整

先週の投稿より、たくさんのお申し込みを頂きました。
この場を借りまして、心より御礼申し上げます。

さて、本日はVFCから発売されている電動ガンMP5A4の調整を御紹介致します。
このVFCが発売したMP5は御存知の方も多いと思いますが、UMAREXによるH&Kのライセンスを取得し、さらに一部のトイガンメーカー以外では見送られていた3点バースト機構が採用されています。



今回はお客様よりゲームにおける動作性の向上と内部点検を含めた調整を依頼頂きました。

では早速分解してみましょう。

アッパーレシーバーはテイクダウンピンのみで取り外す事が可能です。


メカボックスを取り出します。

セレクター近辺に従来型のMP5の部品構成とは異なるバーストユニットが見て取れます。


メカボックスを開けます。

スイッチ周りも従来型のMP5のレイアウトが異なります。
機械式の3点バーストです。
高電圧バッテリーの使用において誤動作するとの事ですが、加工次第では11.1vでの動作も問題ないと思います。

内部についてはスプリングテンション式のギアをシム調整式へ変更し、VFCのピストンで多く見られる割れに対する加工を行い、メカボックス側にギアに干渉する箇所があったので、加工と研磨を施しました。
またギアの歯にもバリが多くあったので、面取り加工を行いました。この加工はスムーズな動作が得られるほか、ギアノイズの低減にも貢献します。


以上で、作業は完了です。
今回はサブゼロの近日発売のステンレススプリングSS90を使用しました。



ロアレシーバーにメカボックスを取り付け、モーター後端にSBDを取り付けました。


次にチャンバー、インナーバレルの加工を行います。

今回はVFC純正バレルを使用し、0.2gBB弾に対応した長掛けホップ仕様としました。

以上で、内部の調整作業は完了です。



イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で弾速を計測したところ、
最高で94m/s、飛距離やレスポンスも箱出しから比べて格段に良くなったと、お褒めの言葉を頂きました。

以上、今回はVFC製 電動MP5A4の調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメールにてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。





SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2015年06月25日 Posted by PEAK  at 12:05メンテナンス

メンテナンス再開のお知らせ

大変ご無沙汰してしまい申し訳ございません。

昨年暮れから海外メーカー様の改修や業者様の大口の御依頼により、ブログへの掲載が滞っておりました。
直接御連絡頂いたお客様には状況をお知らせしていたのですが、ようやく一般のお客様の受付が可能となりましたので、メンテナンスの御紹介を再開したいと思います。

また現在、ピークアーマメントは部品や本体のネット販売を取りやめ、メンテナンスを業務の主体としました。
もちろん、御依頼頂ければ様々な商品を国内外からお取り寄せする事は可能です。
さらにオリジナルブランド「SUBZERO」は現在の商品に加え、さらなる新製品を発売する予定となっており、メーカーとしても皆様方に御愛顧頂けるよう努力して行く所存でございます。

今後とも、ピークアーマメントを宜しくお願い申し上げます。



では本日は東京マルイ製P90の調整内容を御紹介したいと思います。


今回ご依頼頂いたP90はお客様によって手が加えられた状態で、内部の点検を含め飛距離アップを狙いホップの長掛けを御依頼頂きました。

メカボックスを取り出します。

メカボックス外部からシリンダーが交換されているのが分かります。
接点が若干黒ずんでいました。

メカボックスを開けます。

お客さま御自身で手を加えたという事もあり、内部はとてもきれいな状態です。

今回は軸受けをメタルタイプに変更し、初速調整を行うためにピストン、スプリングに手を加えて行きたいと思います。


グリスを入れ替える為に全ての部品を清掃しました。
軸受の変更に際し、シム調整を行いました。
スプリングレート変更に伴い、ピストンを加工とピストンにあわせてレール部分を加工しました。
各部品の点検を行い組み込みます。

スイッチの点検を行います。

グリスの黒ずみはあったものの、接点部分の損傷はなかったので清掃し、グリスアップしました。

この状態で動作確認を行います。

作業前よりも動作音が小さく、レスポンスも向上しています。

では次にホップの長掛加工とチャンバーの点検を行います。

今回もVFC製精密バレルを採用しました。
チャンバー側とパッキンの加工を行い、長掛仕様は完成です。



全部品を組み上げて完成です。


弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。



最高で95m/s、10発平均で94.7m/sとなりました。


以上、今回は東京マルイ製 P90の調整内容を御紹介致しました。


当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。



  

2015年06月13日 Posted by PEAK  at 12:03メンテナンス