スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

UMAREX G36CVの調整

本日はUMAREX G36のCVモデルの修理とメンテナンス内容を御紹介致します。




このG36CVはダミーボルトが発射と連動する、いわゆる擬似的なブローバック機構を持ったモデルです。
今回はゲーム中にBB弾が発射されなくなったという事で修理と内部の点検をお申込み頂きました。
また命中精度と飛距離向上の為にインナーバレルの交換と長掛けホップへ変更する事になりました。


では、メカボックスを取り出します。

メカボックスの取り出しは至って簡単です。


メカボックスを開けます。

ピストンの後端が破損していました。
他の部分に関しては何度か修理しているという事と、お客様ご自身でメンテナンスを行ったという事で、きれいな状態でした。


ピストンはポリカーボネイト製の物に交換、ピストンの破片が飛散していたので全ての部品を取り外し、清掃とグリスアップを行いました。
軸受のグラつきもあったので、再度固定してからシム調整を行いました。
今後の運用と故障の事も考え、当方の提案からブローバック機構はキャンセルする事にしました。

以上でメカボックス内の作業は完了です。



次にチャンバーとインナーバレルを分解します。

インナーバレル、チャンバー共に土や埃の浸入が多く見受けられました。


チャンバー内の清掃と加工を行いまして、長掛ホップ仕様としました。



以上で、作業は完了です。






弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。


最高で94.8m/s、10発平均で93.9m/sとなりました。


以上、今回はUMAREX G36CVの調整内容を御紹介致しました。



当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2014年10月14日 Posted by PEAK  at 14:33メンテナンス