スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

VFC HK416Cの調整

本日最終日となったピークアーマメントの「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」に
お申込み頂いたVFC製HK416Cの調整内容を御紹介致します。


VFCのHK416Cは当方にたくさんのお申し込みを頂いている機種で、
ノーマルの特性を活かした調整は大変好評を頂いております。

今回はゲームに使用している本体のオーバーホールをお客様ご自身でされたのですが、
初速が低下してしまったとの事で、私共にお申込み頂きました。


では早速、メカボックスを取り出します。



メカボックスを開けます。

お客様、御自身で内部に手を入れているせいか、グリスもちゃんと塗られています。

メカボックス内の部品を取り外し、清掃後、点検を行いました。
主だった損傷もありませんでしたが、ピストンレール部分は若干の抵抗が感じられましたので、
ピストンがスムーズに動作するように研磨を行いました。

またシム調整については、お客様からのご要望でスプリングテンション式から
通常のシム調整式に変更致しました。

ギヤのカラーについては私共のオリジナル部品です。


各部グリスアップを行いまして、メカボックス内の作業は完了です。

シリンダーグリスは先日も御紹介したSHOWA製サスペンショングリスを使用しています。
ギヤ周りはZOILグリスを使用しました。

今回は0.2gBB弾 ホップ解放状態で95m/s位を御希望とのことでしたので、
SUB ZERO S90 電動ガン用スプリングを使用しました。


ロアレシーバーとグリップを装着して動作確認を行いました。

純正特有のギヤノイズが減少しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検を行います。

これはお客様ご自身で交換されたPROWIN製のチャンバーです。


チャンバーを分解します。

チャンバーの精度は高く、パッキンについても非常に高価なパーツです。
ですが、お客様の御依頼内容でもある、初速低下の主な原因はこのパーツの選定にありました。
カスタムパーツはそれぞれにコンセプトに基づいて製作された物なので、カスタムパーツの
組み合わせによっては、思った性能にならない場合があります。


今回は性能を重視し、チャンバーはノーマルへ戻すことにしました。
コネクター、配線の被覆を修正し、完成となりました。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で95.1m/s、10発平均で94.69m/sとなりました。


以上、今回はVFC製HK416Cの調整内容を御紹介致しました。


現在、ピークアーマメントでは「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」を開催しております。

既にお馴染みとなった、このキャンペーンは御使用中の電動ガンのリフレッシュや未調整の電動ガンのメンテナンス等、様々な作業を特価にて御利用頂けるキャンペーンです。



キャンペーン期間は本日2014年7月31日のお申し込み分まで!

基本作業内容
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!
初速低下によるスプリング交換のみであれば¥3800~作業可能です。

海外製電動ガンを購入したが、イマイチ調子が悪い、

もしくは内部の状態が分からず不安を感じる・・・

ちょっと使い込んでしまったので、そろそろメンテナンスを・・・

などなど、お問合せだけでも結構です。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

お問い合せやお申し込みはこちらからお問い合せ下さい。


皆様のお問合せをお待ちしております。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2014年07月31日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス

D-BOYS AKS74の調整

本日は大変好評を頂いているピークアーマメントの「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」に
お申込み頂いたD-Boys製AKS74の調整内容を御紹介致します。




今回の依頼内容は内部調整に加え、サイクルの低下とバッテリーの消費量が増えた事への調査と修理として依頼頂きました。

では早速、分解します。

まずはメカボックスを取り出します。

D-BOYSのAKシリーズはメカボックスや、バレルASSYの取り出しが比較的簡単に行えます。


メカボックスを開けます。

グリスは固着して潤滑の役割はしていませんでした。
また極端に短いスプリングが使用されていました。

メカボックス内のパーツは全て取り外し、清掃と点検を行いました。
不具合のあった点は以下の通りです。
・シリンダーヘッドのダンパーの欠損
・初速調整によるノズルの穴開け
・ベベルギア軸の曲り
・スイッチ周りのハンダ付け不良

以上の部品は適正品に交換し、シム調整を行った後に各部グリスアップを行いました。


ピストンの滑りが悪かったので、レール部分はバリ取りと研磨を行いました。


次にチャンバーとインナーバレルの点検を行います。

パッキンがチャンバー内に固着していました。
チャンバーとパッキンが密着するのは良いのですが、インナーバレルとパッキンが密着していない為にエア漏れの一因となっていたようです。
またチャンバー、インナーバレル共に内部は非常に汚れていました。

各部清掃とパッキンを交換しました。


以上で、作業は完了です。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で93.4m/s、10発平均で92.86m/sとなりました。



以上、今回はD-BOYS製AKS74の調整内容を御紹介致しました。


現在、ピークアーマメントでは「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」を開催しております。

既にお馴染みとなった、このキャンペーンは御使用中の電動ガンのリフレッシュや未調整の電動ガンのメンテナンス等、様々な作業を特価にて御利用頂けるキャンペーンです。



キャンペーン期間は本日より2014年7月31日のお申し込み分まで!

基本作業内容
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!
初速低下によるスプリング交換のみであれば¥3800~作業可能です。

海外製電動ガンを購入したが、イマイチ調子が悪い、

もしくは内部の状態が分からず不安を感じる・・・

ちょっと使い込んでしまったので、そろそろメンテナンスを・・・

などなど、お問合せだけでも結構です。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

お問い合せやお申し込みはこちらからお問い合せ下さい。


皆様のお問合せをお待ちしております。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2014年07月22日 Posted by PEAK  at 12:01メンテナンス

MASADA CQBの調整

本日は当ブログでお馴染みのPTS製MASADA CQBの調整内容を御紹介致します。



今回の御依頼頂いた内容は以下の通りです。
・内部の点検及び調整
・10.5インチ・18インチバレルそれぞれに合わせた初速調整
・初速が低く、飛距離がでない

では早速、メカボックスを取り出します。

今回、お預かりしたMASADAはCQBタイプですが、これはお客様ご自身のパーツ交換によるもので、内部に関しては現在流通しているCQBバージョンとは異なる仕様です。


メカボックス後部からスプリングを取り出します。

御覧の通り、極端に短いスプリングを使用されていました。
このまま使用しているとピストンのトラブルを招きかねません。


メカボックスを開けます。

グリスに関しては問題ありませんでしたが、シムの調整具合により各ギヤの遊びが大きくなっていました。


配線の傷やスイッチ内部の点検を行いました。




シリンダーがフルサイズとなっていたので、10.5インチでの使用も考えて
加速シリンダーへ交換する事に致しました。


以前まで、シリンダー内のグリスは粘度の低いシリコングリスをブレンドして使用していましたが、
ブレンドの煩わしさを解消すべく、新たなケミカルを採用する事にしました。

SHOWA サスペンショングリス

このグリスはオートバイのサスペンションのオイルシールに使用するグリスで、
フリクションロスを低減させるだけでなく、Oリングの磨耗やかじりを防止する高性能グリスです。
もちろん、長期においても潤滑性能が低下する事はありません。
また一般的に販売されているシリコングリスをシリンダーグリスとして使用していた場合、
このグリスへ変更すると初速が向上する場合があります。

SHOWA サスペンショングリスは当方でも販売しておりますので、
御入用の方はメールにてお知らせ下さい。


シム調整を再度行い、各パーツを組込みます。

ピストン、とメカボックス側のピストンレールにバリが多数あり、抵抗となっていたので研磨を行いました。


メカボックス内の作業は完了です。

今回もギヤにはZOILグリスを使用しました。


ロアレシーバーにメカボックスを取り付けて動作確認を行います。

お預かりした状態と、明らかにギアノイズが低くなっています。
スプリングはサブゼロのS90スプリングを使用しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検を行います。

10.5インチ側に付いていたホップパッキンのリップ部分が裂けていました。
この要因はPRECISION TENSIONERというホップ改善部品に交換した際、
バレルの抜き差し時に当ててしまい、パッキンのリップ部分が裂けてしまったようです。

また、このPRECISION TENSIONERはMASADAの個体によりますが、
ホップ全解放時でもパッキンを押してしまっていることが多く、
常にホップが強く掛かってしまう症状となります。

このMASADAも同様な状態でしたので、テンショナーを短くする加工を行いました。




パッキンは10.5インチでの使用を考え、柔らかめのMASADA対応のパッキンを使用しました。

インナーバレル内もそれぞれ清掃を行いました。

以上で作業はすべて完了です。





弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

18インチバレル

最高で96.3m/s、10発平均で95.61m/sとなりました。

10.5インチバレル

最高で92.2m/s、10発平均で90.81m/sとなりました。


以上、今回はPTS製MASADA CQBの調整内容を御紹介致しました。


現在、ピークアーマメントでは「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」を開催しております。

既にお馴染みとなった、このキャンペーンは御使用中の電動ガンのリフレッシュや未調整の電動ガンのメンテナンス等、様々な作業を特価にて御利用頂けるキャンペーンです。



キャンペーン期間は本日より2014年7月31日のお申し込み分まで!

基本作業内容
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!
初速低下によるスプリング交換のみであれば¥3800~作業可能です。

海外製電動ガンを購入したが、イマイチ調子が悪い、

もしくは内部の状態が分からず不安を感じる・・・

ちょっと使い込んでしまったので、そろそろメンテナンスを・・・

などなど、お問合せだけでも結構です。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

お問い合せやお申し込みはこちらからお問い合せ下さい。


皆様のお問合せをお待ちしております。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2014年07月13日 Posted by PEAK  at 12:03メンテナンス

追記:海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン



開始以来、たくさんのお客様からお申込みを頂きまして、誠にありがとうございます。
また現在も多数のお問い合わせを頂きまして、深く御礼申し上げます。

現在、お待ち頂いているお客様につきましては全力を挙げて作業を行っておりますので、
恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいます様、お願い申し上げます。

今回のキャンペーンに際し、お客様から幾つかの御質問がございましたので、
この場にて回答させて頂きます。


1.納期について
基本的にお申込み頂き、こちらに本体が届いた順番に作業を行っております。
納期のお問い合わせ頂いた時と、本体がこちらに届いた時では納期が大幅に異なる場合がございます。
具体的な納期についてはこちらに本体が届いた段階でお知らせ致します。
また交換部品のお取り寄せなどにより、納品の順番が異なる場合もございます。


2.部品のお持ち込みについて
「この部品を組込んで欲しい」など、お手持ちの部品のお持ち込みを歓迎しております。
内部パーツなどによっては御希望の性能にそぐわない場合もございます。


3.本体のお持ち込みについて
本体を発送するのが困難な場合や、近くなので直接会って手渡ししたいなど、
直接のお持ち込みも歓迎しております。
日中は不在な場合もございますので、予め御出で頂く日時をお問い合わせ下さい。
また夜間に関しましても柔軟に対応しておりますので、お問い合わせ下さい。


4.お申込みついて
様々なお問い合わせや作業可能か否かの内容について、どう記載してよいか分からない場合は下記の内容に基づいてメールもしくは電話にてお問い合わせ下さい。

1. 本体のメーカー
2. 本体の名称
3. 新品、中古
4. 現在、動作している、していない
5. 不調、快調 (不調の場合、どのような状況かお知らせ下さい)
6. 御希望の初速 (0.2g弾で銃刀法規制値の範囲内)
7. 基本の内部調整以外に御希望の作業がありましたらお知らせ下さい。
8. 部品のお持込み 有/無 ※有る場合、部品の名称をお知らせ下さい。

お問い合せやお申し込みはこちらからお問い合せ下さい。


皆様のお問合せをお待ちしております。  

2014年07月09日 Posted by PEAK  at 13:55ショップ情報

G3SAS HCの調整

本日は東京マルイ製ハイサイクルシリーズG3SASの調整内容を御紹介致します。



このG3SASは先日ご紹介したHK416のお客様から御依頼頂きました。

調整の内容は初速の低下による内部のオーバーホールという事でお引き受け致しました。

では、分解してみましょう。

メカボックスを取り出します。

G3SASはG3シリーズ同様、メカボックスの取り出しが容易でメンテナンス性にも優れています。
メカボックスの外観からは経年劣化的な消耗は見受けられませんでした。


メカボックスを開けます。

画像にはありませんが、ピストンの金属歯が削れていました。
またシリンダー内のグリスが無くなり、Oリングが偏摩耗を起こしていました。
試しにシリンダーヘッドを指で押さえ、ピストンを動かしてみたところ、空気の圧縮が弱く感じられましたので、ピストンごと交換を致しました。

他、全パーツを洗浄し、グリスアップを行いました。

各部点検を行い、部品を組み込みます。

今回は先日、開発が完了したばかりのサブゼロハイサイクル電動ガン用スプリングを組込みました。


グリップを取り付け動作確認を行います。

ハイサイクルシリーズはオイルレスメタル軸受を採用しておりましたので、
今回もZOILグリスを使用しました。


インナーバレル、チャンバーの点検を行います。

パッキンは変形していたので新品に交換しました。

インナーバレルを清掃して、組み上げます。

次に、お持ち込み頂いた際に依頼頂いた「アウターバレルの抜け落ち」を対策します。

動作中にアウターバレルを固定しているイモネジが緩み、アウターバレルがハイダーごと抜け落ちてしまうとの事でした。

分解してみたところ、アウターバレル固定用のイモネジを受ける部分がネジで押し潰される事で変形し、
ネジを締めこむと、アウターバレルを前方へ押し出す格好になっていました。

対策としましてアウターバレルに上下指定はないので、上下を逆にする事で
しっかりと固定する事が出来ました。
また固定用のイモネジも長いものに変更しネジロック剤にて固定しました。


以上で作業は完了です。




弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94.66m/s、サイクルは20.4発/秒となりました。

以上、今回は東京マルイ製G3SAS HCの調整内容を御紹介致しました。


現在、ピークアーマメントでは「海外製電動ガンメンテナンスキャンペーン」を開催しております。

既にお馴染みとなった、このキャンペーンは御使用中の電動ガンのリフレッシュや未調整の電動ガンのメンテナンス等、様々な作業を特価にて御利用頂けるキャンペーンです。



キャンペーン期間は本日より2014年7月31日のお申し込み分まで!

基本作業内容
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!
初速低下によるスプリング交換のみであれば¥3800~作業可能です。

海外製電動ガンを購入したが、イマイチ調子が悪い、

もしくは内部の状態が分からず不安を感じる・・・

ちょっと使い込んでしまったので、そろそろメンテナンスを・・・

などなど、お問合せだけでも結構です。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

お問い合せやお申し込みはこちらからお問い合せ下さい。


皆様のお問合せをお待ちしております。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2014年07月08日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス