スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

WE Remington R5の調整

本日はKATANAシステムを搭載したWE製Remington R5の修理内容を御紹介致します。


KATANAシステムはM4のテイクダウンルーチンにおいてシリンダーユニットが取り外せ、
メンテナンス性に優れた画期的なシステムです。

以前にも、このKATANAシステムのM4を調整した内容を御紹介致しましたが、
今回、御依頼頂いたRemington R5も給弾不良を起こすとの事で、
当ブログを御覧頂き、修理をお申込み頂きました。

周囲で、このKATANAシステムの状況を確認した所、同様に給弾不良を発症し、
修理や対策品を使用しても、すぐに同じ症状となるケースが多いとの事でしたので、
この際、徹底的に症状を改善する方法を検討してみました。

では、分解します。

セレクターをSAFEにしたあと、後ろ側のテイクダウンピンを抜きアッパーレシーバーを持ち上げます。
今回は給弾状況を確認するために上下レシーバーを分解致しました。

話は前後致しますが、このKATANAシステムはセレクターをSAFEにすると逆転防止ラッチが解除され、スプリングテンションが開放されます。


次にシリンダーユニットからシリンダーヘッド、ピストンを前方から取り出します。

シリンダーユニットとシリンダーヘッドは細いネジピッチで結合されていて、バリも多く分解・組立には注意が必要です。


次にシリンダーヘッドからピストンを取り外します。

なぜ、この部分を分解するかというと、チャンバー、メカボックス、マガジンを擬似的にレイアウトし、動作確認を行うと1発目の給弾時は問題なくチャンバー内に装填されるのですが、2発目を給弾する際、ノズルが後退せずにピストンが後退して前進し、ノズルとピストンヘッドが結合します。この時、本来であれば2発目が発射されるのですが、ノズルが1発目の発射後に後退していない(給弾していない)ので、2回のサイクルで1発しか発射しない状況となります。

ノズルが後退しなかった状態



では、この現象の原因を検討してみました。

1.1発の発射後、ピストン後退時にノズルから吸気し、BB弾が蓋になるような状況(エアブレーキ)、同様にピストンリングが適正な寸法でないためピストンヘッドとノズルの結合部分に空気が充填されノズルとピストンヘッドが外れてしまう。

2.ノズルがBB弾を真で捉えられない時にノズルのガタによりノズルとピストンヘッドが外れてしまう。

3.ノズルの前後進にテンションをかけている、いずれかのスプリングテンションが強すぎるのではないか?

4.ノズル後端とピストンヘッドの形状及び結合部位の問題

5.マガジン内のスプリングテンションやマガジンキャッチの位置

以上、すべての要因を擬似的なレイアウトで試した結果、主な原因は3と4という事が判明しました。

3についてはリターンでテンションをかけている側のスプリングを少しづつカットし、適正なテンションに変更しました。

次に4についてはピストンヘッド側についているOリングに問題があり、メーカーから対策品として出ているOリングに変更しましたが、2マガジン撃ち切る前に症状が発生しました。
このOリングの形状や材質を見直すことにより、症状改善となる見込みとし、様々なOリングをテスト致しました。

その結果、国産の適正なOリングにより症状は改善し、1000発のテストを行い全てのBB弾を給弾致しました。

必要な箇所にグリスアップをして完成です。




弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94.6m/s、10発平均で93.57m/sとなりました。

以上、今回はWE製レミントン R5の修理内容を御紹介致しました。

WEのカタナシステムによる給弾不良にてお悩みの方は是非ご相談ください。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2014年01月24日 Posted by PEAK  at 12:02メンテナンス

Beretta ARX160の調整

本日はS&Tから発売された新型アサルトライフルARX160の調整内容を御紹介致します。


独特なスタイリングですね。

手にすると、意外とスリムで、レバー類のレイアウトも素晴らしく、まさに新世代アサルトライフルである事を実感します。
最近ではアンビシステムも一般的ですが、このARX160は左右の切替も、全く違和感のない操作性です。

今回は以前も調整を依頼頂いたお客様から新品未動作の状態でお持込み頂きました。


では、レシーバーを分解します。

ここまでの分解は工具を必要としません。
但し、ストックのヒンジ部分にバッテリーコードとのコネクターがあるので、壊さないよう注意が必要です。


次にレシーバーからメカボックスを取り出します。

S&Tが販売するG36シリーズとほぼ同様なメカボックスです。
レシーバーから取り出す際、被覆の厚いケーブルはレイアウトも重要です。
脱着の際にケーブルを傷めてしまう可能性があるので、レイアウトも覚えておきましょう。


メカボックスを開けます。

G36の時と同様にグリスは塗られているようですが、乾燥しており潤滑機能は無いようです。

ギヤの精度は悪くありませんが、軸受の収まる部分の座ぐりが均一でないためにギヤの軸がが垂直にならない事があります。
ブローバック機構によるトラブルもありますので、レール分の点検とピストンへの加工が必要となります。
またシリンダーは、このインナーバレル長に対してフルサイズシリンダーですので、適正容量に変更します。

今回も軸受がメタル式という事と、ギヤの鳴きを懸念し、ZOILのグリスを使用しました。
マイクロスイッチは一度分解し、接点焼け防止策を行いました。

以上の内容を点検及び加工を行い、メカボックスの作業は完了です。

このメカボックスはスプリングテンションが低い物を使用したり、メカボックス上部のボルトを強く締めすぎるとダミーボルトの動作不良を引き起こします。


次にインナーバレルとチャンバーの点検を行います。

分解前にホップのエレベーションを確認した所、全く変化がありませんでした。
恐らく、ホップパッキンを押し込むパーツの嵩が足りていない為にホップの掛かる状態ではありませんでした。

さらにインナーバレル内は新品というにはかけ離れた汚れ方をしていたので、入念に清掃致しました。
また国産パッキンに変更した際、パッキンの厚みが足りておらず、気密性が損なわれる恐れがあったので、インナーバレル側にアルミテープを巻き、適度な厚みを得ることが出来ました。
ホップの嵩上げについてはダイヤルに連結する部分にプラ板を貼り、ホップのエレベーションは適正となりました。

以上、すべての作業は完了です。




弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で94.8m/s、10発平均で93.26m/sとなり、シリンダー容量を変更した事で安定した初速となりました。
ダミーボルトも問題なく動作しております。

以上、今回はS&T製ARX160の調整内容を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2014年01月18日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス

MASADA CQBの調整

新年あけましておめでとうございます。

本年もピークアーマメントを宜しくお願い申し上げます。

年末にもお伝え致しましたように調整作業は順次行なっております。
お待ち頂いているお客様には大変ご迷惑をお掛け致しております。
何卒、御了承下さい。

さて、本日は当ブログでもお馴染みとなったPTS MAGPUL製MASADA CQBバージョンの調整を御紹介致します。
以前、御紹介した内容と重複する部分もございます。
予め御了承下さい。



では早速、メカボックスを取り出します。


現仕様でMASADA CQBモデルはストリームラインバージョンとはケーブルが異なります。
ストリームラインバージョンは厚手のシリコン被覆を使用しており、ロアレシーバーから
メカボックスを取り出す際はケーブルが引っ掛かる事があるのですが、
このCQBモデルは薄手の被覆なのでメカボックスの出し入れはスムーズに行えます。


前回、御紹介したストリームラインバージョンでもありましたが、
マイクロスイッチへのハンダ付けがきちんと行われていませんでした。

念の為にハンダを吸い取り、再度ハンダ付けを行いました。



今回の調整にあたり、お客様から下記のように御指示がありました。
・耐久性を向上させたい
・初速は0.2gBB弾で95m/s
・チャンバーの調整

耐久性を上げるといった場合、様々な方法があるのですが、
私共では無闇にパーツを変えることはありません。
むしろ、現段階で良いパーツを残し、その残ったパーツを活かす方法で他のパーツの選定を行います。

今回はシリンダー交換必須となりましたが、純正のポリカーボネイトピストンはギヤの精度に対して、見合うものではなかったのでModifyのウルトラピストンを使用しました。
もちろん、そのままでは干渉する部分や動作の抵抗になる部分があるので、加工を行ってからの組み込みとなります。

またギヤに関してはサイクルアップを要求しているわけではないので、バリ取りと中心軸の点検を行います。
軸受は固定されていることはもちろんですが、平面がきちんとでているか確認し、
ベアリング内の油分を除去してから、消音効果に優れたグリスを圧入します。

メカボックスに関してはピストンレールとピストンの干渉具合を確認し、必要に応じて研磨を行います。

シム調整に関してはセオリーはセオリーとして、パーツの組み合わせに最適な方法で調整を行います。

スイッチ周りも「マイクロスイッチだから焼けない」ということはありませんので、通常のスイッチと同じ方法で焼け防止策を行います。
但し、注意しなくてはいけないのはスイッチ接点の材質によっては同じ手法を行うと逆に通電不良を引き起こす場合があります。

以上でメカボックスの作業は完了です。

次にチャンバーブロックの点検です。



最近のロットではスプリングピンとピン穴の径が適正となったような気がします。
決して、抜けやすくなったという意味ではありません。

チャンバーブロックとチャンバー部のガタ取りを行います。
この作業も個体によっては全く必要としない物もあります。


ホップのエレベーションの確認です。

最近のCQBモデルはホップが全開放にならない物が多く、最初から適正ホップ以上にホップが掛かってしまう状態です。

この機構はMASADA特有の物なので、これには散々悩まされましたが、ある方法を用いて
ホップの全開放にすることが可能となりました。


インナーバレルとパッキンの点検です。

インナーバレルは曲がりや傷は無いものの、汚れが酷かったので入念に清掃を行いました。


以上でチャンバー、インナーバレル周辺の点検は完了しました。
全てを組み上げて完成です。
今回はSUB-ZEROのS90スプリングを使用しました。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で95.05m/s、10発平均で94.24m/sとなりました。



以上、今回はPTS MAGPUL製MASADA CQBモデルの調整内容を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。
サブゼロスプリングは1本からオーダーメイドが可能です。
現在のラインナップからの変更は勿論、ショップオリジナルスプリングの生産及び量産も随時承っております。
ご質問や御不明な点などございましたら上記問い合わせ先まで何なりとお問合せ下さい。



SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。







  

2014年01月06日 Posted by PEAK  at 12:00メンテナンス