スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

MASADA SVの調整

今回は当ブログでもお馴染みのPTS MAGPUL製MASADAストリームバージョンの調整内容を御紹介致します。



今回依頼頂いたMASADAはゲームに使用されているもので、初速の安定化と、ホップ機構と内部の調整を依頼頂きました。

まず、メカボックスを取り出します。

ストリームラインバージョンは塗装のされていないシルバーのメカボックスです。
外側からも分かるようにシリンダーはフルサイズの物を使用しています。

PTS製MASADAは幾つかのバリエーションがありますが、モーターも外観の異なる物があります。
CQBだから、コレとか、ストリームラインだから◯◯。という決まり事はなさそうです。
特性についても比較したことはありませんが、大きな差はないようです。

メカボックスを開けます。

ゲームでの使用回数は僅かとの事なので、大きな損傷は見受けれませんでした。
グリスは乾いているので、全て清掃し、グリスアップを行ないました。
またインナーバレル長に合わせてシリンダーを交換します。

このシリンダー交換に際し、注意する点があります。
シリンダーは各社から販売されていますが、ボアアップシリンダーは勿論ですが
内径が異なるケースが多い為にシリンダーにヘッドを装着し、
ピストンをストロークさせて気密を確認します。
この時、ピストン側のOリングは勿論ですが、シリンダーヘッド側のOリングも適正な物へ変更する必要があります。
ノズルに関しても同様で、高価なノズルを使用してもシリンダーヘッドパイプとの気密が適正でないとエアロスとなります。
また、ノズルの選定は非常に難しく、エアロスだけではなく、寸法が異なる場合は様々なトラブルが発生します。

要は、「高価なパーツを組み込めば、望んだ性能が出る」といった先入観は持たない方が良いという事です。

話は逸れましたが、メカボックスの完成です。



レシーバーにセットして動作確認を行います。

今回は0.2gBB弾ホップ開放状態で92~93m/sの指定でしたので、ピストンウェイトを使用し、サブゼロのS80スプリングを使用しました。


次にチャンバー周りの点検、調整を行います。

この個体はメカボックス前方に打痕があり、分解時に気になっていました。


その原因はここにありました。

本来であれば、メカボックス前方に飲み込まれる繋ぎ部分がメカボックスにあたっていたようです。
その原因はチャンバーとアッパーレシーバーを繋ぐブロックのガタによるものでした。
ブロックの成形とチャンバーの上下方向のガタ取りによって、メカボックスとチャンバーがきちんと繋がりました。

次にインナーバレル、パッキン等の点検です。

インナーバレルの変形はありませんでしたが、ホップ窓の成形不良がありましたので、ヤスリで形を整えました。
またパッキンもホップ調整のストロークに見合うものではなかったので、適正なパッキンへ変更しました。
(画像は加工前の状態です)

以上で、調整作業は完成です。




弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で93.76m/s、10発平均で92.94m/sとなりました。


以上、今回はPTS MAGPUL製MASADAストリームラインバージョンの調整を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年10月27日 Posted by PEAK  at 12:52メンテナンス

早期終了のお知らせ



ピークアーマメントの次世代電動ガンメンテナンスキャンペーンは受付予定数量の25丁に
達しましたので、誠に恐れ入りますが、本日一杯をもちまして受け付け終了とさせて頂きます。
たくさんのお問い合せ、お申込頂きまして誠にありがとうございました。

お預かり致しました電動ガンは作業が完了次第、順次発送となりますので、
今しばらくお待ちください。
なお、部品手配の関係上、出来上がりの順番が前後する場合がございますが、何卒御了承下さい。

この度は誠にありがとうございました。

  

2013年10月22日 Posted by PEAK  at 12:03ショップ情報

次世代電動ガンメンテナンスキャンペーン

前回も大変好評を頂いたピークアーマメントの次世代電動ガンメンテナンスキャンペーンを本日より開催致します。


2013年10月25日までに調整をお申込み頂いくと通常の作業料金が

なんと!
20%off!

作業内容
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!

ちょっと使い込んでしまったので、そろそろメンテナンスを・・・

などなど、お問合せだけでも結構です。

このキャンペーンを利用して次世代電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?
誠に恐れ入りますが、キャンペーン期日前に受付数量が25丁に達し次第、受け付け終了とさせて頂きます。

何卒、御了承下さい。
  

2013年10月14日 Posted by PEAK  at 14:14Comments(0)ショップ情報

マルイ HK416Dの調整

今回は東京マルイの次世代電動ガンHK416Dの修理及び調整内容を御紹介致します。



今回は次世代M4シリーズでも多く発生している、給弾不良ということで修理の依頼を頂きました。
また、SOPMODバッテリーからミニコネクター仕様へ変更されていました。
さらに、このミニコネクター仕様を前方配線へ変更と内部のメンテナンスも合わせて依頼頂きました。

では早速、メカボックスを取り出します。

ノズル先端部は泥などが付着していました。
また、外部から判断する限り、内部の消耗度合が見受けられます。
愛着をもって使用されていた証拠だと思います。


メカボックスを開けます。

お客様からも御指摘を頂いておりましたが、タペットプレートも摩耗しています。

他に、セクターギヤ、スパーギヤは一部の歯が欠損していました。
またブローバック機構の一部も同様に欠損していました。
お客様に了解のもと、イーグルフォースの強化ギヤへ変更しました。

シリンダー内部も汚れがたくさんありました。

ピストンヘッドはこのような感じで汚れています。
スイッチ周辺も同様に汚れていたので、全て清掃を行い、Oリング類は全て新品に交換しました。
タペットプレート、ノズルも新品へ交換しました。

前側配線に変更するために、ケーブルを新たに引き直しました。

メカボックスは以上で完成です。

今回はサブゼロの次世代電動ガン専用スプリングM80を使用しました。


次にチャンバー、インナーバレルの点検です。

チャンバー内部も泥が堆積していたので、専用のケミカルに漬け込んだ後に清掃を行いました。
インナーバレル内部も清掃し、ホップパッキンを新品へ交換して終了です。

HK416DのRASはM4と異なり、RAS内へ配線を通すスペースがありませんので、
外部から見えないガスチャンバーを外し、そのルートへ配線を行いました。


以上で、作業は完成です。



では弾速の確認です。

イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し
ホップを全開放状態で計測します。

最高で94.62m/s、10発平均で93.84m/sとなりました。


以上、今回は東京マルイ製 次世代HK416Dの調整を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2013年10月10日 Posted by PEAK  at 12:00Comments(0)メンテナンス

VFC SR635の調整

今回はVFC製SR635の調整内容を御紹介致します。



SR635は、その名前の通り6x35mm弾を使用するパーソナル・ディフェンス・ウェポンにカテゴライズされ、KAC社が販売するPDWと同じ弾を使用するモデルです。
そのSR635をVFCがモデルアップ致しました。

今回は御使用中の点検とメンテナンスとして、お持込み頂きました。

では早速、分解してみましょう。
メカボックスを取り出します。

分解方法はVFCのPDWと同じく、アンビセレクター用のギヤ以外オーソドックスなメカボックスです。


メカボックスを開けます。

スプリングはカットされた物が使用されています。

内部のパーツはグリスを除去し、新たにグリスアップを行いました。
またピストン用メカボックスのレール部分が高く、ピストンへのあたりが強かったのでレール部分を研磨致しました。
ベベルギヤの軸がグリップに当たっていたのと、モーターとの噛合が悪かったのでベベルギヤを適正な物へ変更しました。
さらに、リポバッテリーでの運用を踏まえ、ピストンウェイトを追加しました。

メカボックス内の作業は完成です。

今回は初速を0.2gBB弾にて95m/s位を御希望でしたのでサブゼロのS90スプリングを使用しました。


メカボックスをレシーバーにセットして動作確認を行います。

ピストンウェイトを追加した影響なのか、非常に良いレスポンスとなりました。


次にチャンバー、インナーバレル周辺の点検を行います。

チャンバーは透明樹脂のお陰で内部がどのような状況なのか一目瞭然です。
チャンバー内を清掃し、動作確認を行います。
インナーバレルは曲がりやホップ窓の形状やバリを確認し、ホップパッキンを国産の物へ変更し完成です。

全て組み上げて完成です。



弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用しホップを全開放状態で計測します。

最高で95.81m/s、10発平均で94.78m/sとなりました。


以上、今回はVFC製SR635の調整を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。


SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年10月04日 Posted by PEAK  at 16:41Comments(0)メンテナンス

G&P M16VNの調整

今回はG&P製M16ベトナムバージョンの調整内容を御紹介致します。


根強いファンが多いM16シリーズですが、その中でもベトナムバージョンは映画などの影響もあって、未だに多くのファンに支持されているモデルです。

ベーシックなフォルムながらも、飽きの来ない完成されたスタイルですね。

今回は本体をお買い上げ頂いたお客様から内部調整も含めて御注文頂きました。

では早速、分解してみましょう。

メカボックスを取り出します。

オーソドックスな分解方法ですが、国産のモデルのウィークポイントを抑えた確実かつ効率的な構造をしています。


メカボックスを開けます。

グリスは乾いていましたが、要所には必要な分のグリスが塗られていました。
またメカボックス自身も非常に剛性が高く、無駄な肉抜きも無く、長期の使用にも充分過ぎるほどの耐久性を持っています。

グリスは全て清掃し、新たにグリスアップを行いました。
このM16VNは各パーツの完成度も高く、アッセンブリーとしても感心させられる製品です。

メカボックスの点検、調整作業が完了しました。

ピストン、ピストンヘッド、各ギヤなど、カスタムパーツが惜しげなく使用されていました。
特にピストンの精度は、最近のメタルティースピストンなどにはない完成度を持っていました。
今回はピストンウェイトを使用し、サブゼロのS90スプリングを使用しました。


次にインナーバレル、チャンバーの点検です。

こちらも、ホップパッキンは要交換でしたが、チャンバーやインナーバレルの歪はほとんど見当たりませんでした。
グリスアップを行い、組み上げて完成です。


以上で、調整作業は完了です。


では弾速の確認です。

イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し
ホップを全開放状態で計測します。

最高で95.98m/s、10発平均で95.68m/sとなりました。


以上、今回はG&P製M16VNの調整を御紹介致しました。

当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
お申し込みはメール、電話にてお知らせください。
コチラからお問い合せ下さい。

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年10月01日 Posted by PEAK  at 12:01Comments(0)メンテナンス