スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

イーグルフォースから新製品のお知らせ

多彩なラインナップとリーズナブルな価格設定が人気のイーグルフォースから新製品が発売されました。

イーグルフォース PEQ-15 LA5タイプ BKバッテリーボックス



イーグルフォース PEQ-15 LA5タイプ DCバッテリーボックス



イーグルフォース PEQ-16Aタイプ バッテリーボックス



イーグルフォース PVS-14タイプ ダミーナイトビジョン



イーグルフォース PVS-15タイプ ダミーナイトビジョン




コンパクト電動マシンガン パワーアップキャンペーンは明日(6/20)までとなっております。


キャンペーンはピークアーマメントが販売するサブゼロのコンパクト電動ガン用
スプリング「C90」や「C80」、「ダンパーリング」を東京マルイのコンパクトマシンガン
「MP7A1」、「Mac10」「Vz61スコーピオン」へ組み込んで
フルサイズ電動ガンに負けない性能へとパワーアップさせるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

詳しくはコチラを御覧下さい。
  

2013年06月19日 Posted by PEAK  at 20:21Comments(0)ショップ情報

東京マルイ M4A1の調整

いつも当ピークアーマメントのブログを御覧頂き誠にありがとうございます。

ここところ、キャンペーンにお申込み頂いた調整がようやく一段落して参りました。
通常ですと、1週間ほどの納期を頂いておりますが、現在3日~4日ほどの納期で行なっておりますので、早目の納期を御希望のお客様は早めにお問合せ下さい。

また現在、マグプルPTSのMASADAの調整が非常に多い為、調整に必要な部材も多く確保致しました。
「ホップがかからない」、「弾の飛びがイマイチ」とお嘆きのMASADAユーザーの方、メンテナンスも随時承っておりますので、是非お問合せ下さい。


さて、今日は東京マルイ製 M4A1の調整内容を御紹介します。


従来型のM4A1です。
今回ご依頼頂いたM4A1は中古で購入との事で、初速のアップと内部の点検をご依頼頂きました。

では、分解致します。

前オーナーは配線を後方へ移設されたようで、レシーバーのストックアダプターを加工されておりました。


メカボックスを取り出します。

オーソドックスながら堅実なパーツ構成のメカボックスです。


メカボックスを開けます。

グリスの汚れで分かりづらいのですがスパーギヤとセクターギヤが摩耗して魚の背びれのような形状になっていました。
また接点の奥側が焼けて偏磨耗していました。
グリスは一度洗浄し、新たにグリスアップを行い、軸受けも新品に交換しました。
ピストンヘッドは後方吸気型に加工し、ピストン後端のラックギヤは削り落としました。
今回は0.2gBB弾で93~94m/sくらいを御希望でしたので、サブゼロのS90を使い、ピストンウェイトも採用しました。


これでメカボックスは完成です。

本当はメカボックスを閉じる前に撮影しようと思ったのですが、全てのネジを締め終わったに気付きました・・・


次にインナーバレルとチャンバーの点検です。

中古という事もあって、インナーバレル内はかなり汚れていました。
ホップパッキンもヘタっていたので、こちらもマルイ純正品に交換しました。


あとは全て組み上げて完成です。





では弾速の確認です。

イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し
ホップを全開放状態で計測します。

最高で94.3m/s、10発平均で93.4m/sとなりました。

以上、当店の東京マルイ製 M4A1の調整を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。


今回の調整でも使用したSUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。



なお、今月は6/20までコンパクト電動マシンガン パワーアップキャンペーンを開催しております。


キャンペーンはピークアーマメントが販売するサブゼロのコンパクト電動ガン用
スプリング「C90」や「C80」、「ダンパーリング」を東京マルイのコンパクトマシンガン
「MP7A1」、「Mac10」「Vz61スコーピオン」へ組み込んで
フルサイズ電動ガンに負けない性能へとパワーアップさせるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

詳しくはコチラを御覧下さい。
  

2013年06月14日 Posted by PEAK  at 17:11Comments(0)メンテナンス

次世代電動ガン専用M80発売!

発売以来、大変好評を頂いているサブゼロの次世代電動ガン専用スプリング
M90に加え、加速シリンダー採用モデルに対応したM80を発売致しました。


当店のテストではSCAR-Lにおいて、0.2gBB弾ホップ開放状態で90~91m/sとなっております。
上記のデータは当店でのテスト結果ですので、実際の計測とは異なる場合がございます。

SUB ZERO 次世代電動ガン専用M80


セミオートでの初速の安定を図り、耐久性を向上させるべく巻き数と自由長を最適化致しました。

参考適合機種:HK416D/G36Cカスタム/SCAR-L/SCAR-H/
※他の次世代電動ガンにおいても加速シリンダーに変更した際に最適です。


SUB ZEROのスプリングは日本国内で生産し、1本1本、熟練の技術者が手巻きという手間のかかる手法で製造しています。また3度に渡る熱処理により、耐久性を向上させています。


SUB ZEROブランドは皆様の声を製品化するブランドです。
是非、皆様の「こういうスプリングが欲しい」という声をピークアーマメントまでお寄せ下さい。
また商品に関する質問などございましたら、ピークアーマメントまで何なりとお問合せ下さい。


ピークアーマメントオリジナル各種トイガン用スプリング、SUB-ZEROは絶賛発売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年06月13日 Posted by PEAK  at 12:00Comments(0)ショップ情報

コンパクト電動マシンガン パワーアップキャンペーン

現在、ピークアーマメントでは6月のキャンペーンと致しまして
コンパクト電動マシンガン パワーアップキャンペーンを開催しております。


キャンペーンはピークアーマメントが販売するサブゼロのコンパクト電動ガン用
スプリング「C90」や「C80」、「ダンパーリング」を東京マルイのコンパクトマシンガン
「MP7A1」、「Mac10」「Vz61スコーピオン」へ組み込んで
フルサイズ電動ガンに負けない性能へとパワーアップさせるキャンペーンです。

調整の内容はこちらを御覧下さい。
電動MP7の調整

作業内容は前回のキャンペーンと同様に下記の通りとなります。
・メカボックス内清掃、グリスアップ
・各部点検
・適正スプリングへ交換
・インナーバレル点検、清掃
・チャンバー部点検
・分解組立
・初速確認

この作業に伴い、銃刀法規制値内で御希望の初速にて調整致します。
また同時に御希望のパーツの組込みや気になる部分の調整も可能です。
パーツの持ち込みも大歓迎!

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

詳しくはコチラを御覧下さい。
  

2013年06月07日 Posted by PEAK  at 15:00Comments(0)ショップ情報

SUB ZEROスプリングのテスト

当、ピークアーマメントのオリジナルスプリング「サブゼロ」はお陰様で、お買い上げ頂いたお客さまから大変好評を頂いております。
私共におきましても、お客様の電動ガンの調整をする際に、初速の設定値をこちらから御提案するのではなく、お客様のご希望の数値で仕上げることが可能となり、現在のラインナップは大変重宝しております。

このブログでも電動ガンの調整記事を御紹介させて頂いておりますが、御覧頂いた方から最近よく「弾速確認の時に10発平均の数値を表記されていますが、実際のところ、どの位のふれ幅がありますか?」といった御質問を頂くようになりました。

そこで、今回はサブゼロブランドで売れ筋の3種類に限定しまして、初速の推移を弾速計の画像にて御紹介したいと思います。

今回テストで使用するのはARES製のUMPです。

このUMPはストック基部のテイクダウンピン一つでレシーバーの分解が可能で、ちょっとした加工でロアレシーバーからメカボックスを取り外さなくとも後方からスプリング交換が可能です。
ですが、そこはやっぱり海外製ということもあり、内部の調整は事前に行いました。
またインナーバレル長(200mm)に対し、シリンダー容積が多いので、適正値になるようにシリンダーを交換してあります。


では、早速テストを行います。
テストはいつもの通り、0.2gバイオBB弾を使用し、ホップは全く掛かっていない状態です。
今回は弾速の推移をテストするので、サイクルの計測は行わず、全てセミオートのみで行いました。
なお、テストで使用するスプリングは通常販売されているものでテストを行なっております。

最初はサブゼロS70スプリングです。

このスプリングは70という低いレートですが、CYMAなどピストンウエイトやベアリング付スプリングガイドを使用したまま適正な初速を出す為に開発致しました。
サイクルを上げたい等、インナーバレル長が長いモデルに最適です。

1発目

71.15m/s

2発目

71m/s

3発目

70.54m/s

4発目

70.93m/s

5発目

70.49m/s

6発目

71.33m/s

7発目

70.23m/s

8発目

70.28m/s

9発目

71.11m/s

10発目

70.23m/s

S70スプリングの10発平均値は70.729m/sでした。



では、次にサブゼロS80スプリングです。

このスプリングもS70と同様ベアリング付スプリングガイドを使用する際に適正な初速を出す為に開発致しました。
初速の維持とレスポンスアップに最適です。

1発目

85.73m/s

2発目

85.66m/s

3発目

85.66m/s

4発目

84.15m/s

5発目

85.69m/s

6発目

84.68m/s

7発目

85.02m/s

8発目

84.96m/s

9発目

85.34m/s

10発目

85.15m/s

S80スプリングの10発平均値は85.204m/sでした。


最後にサブゼロS90スプリングです。

このS90はスタンダードなM4やM14など最も利用範囲の広いレートとなっております。

1発目

91.64m/s

2発目

91.75m/s

3発目

91.02m/s

4発目

91.13m/s

5発目

91.42m/s

6発目

91.42m/s

7発目

91.16m/s

8発目

91.75m/s

9発目

92.01m/s

10発目

92.01m/s

S90スプリングの10発平均値は91.531m/sでした。

如何でしたでしょうか?
今回のテストでこのサブゼロのSシリーズの初速の安定具合がご理解頂けたと思います。
これはむやみに不等ピッチ部分を増やさず、まっすぐストロークさせて、伸び上がる時の跳ね上がりを抑える為にピッチと自由長を見直した結果です。

現在、ピークアーマメントではこのSシリーズに加え、新たなラインナップを開発中です。

お楽しみに!

SUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年06月06日 Posted by PEAK  at 20:25Comments(0)ショップ情報

当店の調整について

日頃より、当ピークアーマメントのメンテナンスサービスを御利用頂き誠にありがとうございます。

今日は私共の行なっているメンテナンスの事について御紹介したいと思います。


まず、私共は特別な理由がない限りスペシャルなチューニングは行なっておりません。
これは私共がそれに伴う知識や技術を持ちあわせておらず、御使用される状況に対し
御依頼頂いた内容に確固たる保証ができないのが大きな理由です。

納品したお客様から「飛ぶようになったよ」と嬉しいお言葉を頂戴する事もありますが、それはたまたまその本体が持っている性能やパーツの組み合わせが良かっただけで、私共の技術とは考えておりません。ましてやチューニングを專門としていらっしゃるショップ様や大手様には到底及びません。

よって、流速チューンやハイサイクル化や「◯mで◯cmの的に当たるように」などの
チューニングはパーツの組み合わせで結果的に、そうなる場合もありますが、意図的に御依頼を承る事はありません。

本来、調整とは英語で「チューニング」という意味合いを持っていますが、言葉の響きから私共では敢えて「調整」という言葉を使用しています。

では、何を目的に調整やメンテナンスを行なっているのかというと、
当然、私共でも海外から直に輸入を行い、販売する上で海外製の電動ガンは御存知の通り、日本のルールを順守する為に意図しない方法で出力を制限している為に、箱出しで納得できる動作をする物は少ないので、あくまでも「そこそこ使える状態」にすることを目的としています。

この「そこそこ」というのも人によって捉え方が様々ありますが、国産品ほどのものではありません。
サバイバルゲームにおいて、ずば抜けた性能ではなく、ストレスの出ないほどの性能と確実な動作性を目的としています。

最近では、この「意図しない方法で出力を制限している」物がそのまま販売されていることも多く、そういった製品を購入された方へのケアとして、お持ち込み分の調整を承っております。

また国産品でも経年劣化は必ず起こります。
動作しなくなった物や、異音や故障の前兆を持っている物など、実射性能が著しく低下した物など、こういった状況を極力購入時の状態に近づける事も当店のサービスとして行なっております。

このように調整といっても内容は様々で、同じ新品でも状態の異なる物もございますが、極力「そこそこ使える状態」を目指し責任をもって作業を行なっております。

何卒、御了承下さい。
  

2013年06月05日 Posted by PEAK  at 17:41Comments(0)メンテナンス

G3SG1の調整

先日、お伝え致しましたように6/1、大阪城公園にて行われたRed Bull X-Fighters 大阪 2013は日本の東野貴行が見事に優勝致しました。
私もスタッフとして参加させて頂きまして、11000の歓声の中で今までにない感動を体験することができました。

余談ではございますが、東野選手とは約10年くらい、お付き合いをさせて頂いておりまして、
久しぶりの再会にドキドキしていました。練習走行の最中にも私の前を走るたびに挨拶をしてくれたり、休憩時には「顔見知りの人がコース内にいるので癒されます」と言ってくれました。
そんな彼の優勝が確定してファンサービスで観客席にグローブやゴーグルを投げている時に、コース上の私に歩み寄って来てくれて握手した時は涙が出そうになりました。

東野選手にはこれからも勝ち進んで欲しいと思います。そして今回、この素晴らしいイベントを開催してくれたRed Bull様に深く御礼を申し上げます。
もし、この模様をご覧になっていないという方は下記のリンクからハイライトムービーが御覧いただけます。
Red Bull X-Fighters 2013 大阪大会ハイライトムービー

お客様には長い休業にて大変ご迷惑をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。
さてさて、前置きはこのくらいにしまして、今日はマルイ製G3SG-1の調整を御紹介致します。

G3SG-1はトイガンとして20年以上前から生産されており、今もなお現行のラインナップとして健在です。
今回、お持込み頂いたSG-1はストックをMC51タイプへ変更されており、
ゆえにバッテリーをハンドガード内に入れる為の配線を含め、内部調整と共に依頼頂きました。


470mmという長いインナーバレルは高い命中精度と飛距離が期待できます。

では、分解してみましょう。

思いの外、構成パーツも少なく分解は比較的簡単です。


メカボックスを取り出します。

若干の経年劣化は見られるものの、比較的、痛みが少ないようです。

ピストンにはクラッシュの前兆のような跡が残っていたので、状態の良い手持ちのピストンと交換します。同時にピストンヘッドを後方吸気タイプの物へ変更しました。レスポンスを活かすためにピストンウェイトは純正品を使用します。
軸受けにヘタリがみられたので、新品の純正品に交換しました。

各部グリスアップを行なって、パーツを組込みます。

今回はピストンウェイトを使用しているので、サブゼロのS80スプリングを使用しました。


メカボックスをレシーバーにセットします。

細かいパーツが幾つかあるので、分解時にパーツの向きや箇所を覚えておいた方が良いです。
グリップ内のモーターに繋がるケーブルもM4等とは取り回しが異なります。


では、次にチャンバーとインナーバレルの点検を行います。

同軸式のタイプでコンパクトなチャンバーです。
インナーバレル内の清掃と曲りの点検を行い、パッキンを交換して終了です。


アッパーレシーバーを取り付けます。

この際、チャンバーASSYを入れる前に前配線への経路を確認しておきます。


前方から配線を挿入します。

今回はテフロン皮膜の銀メッキ線を使用しています。
皮膜の色が透明なので、+/-の判別がつくようにしておきます。
前方、後方にミニコネクターを取り付けて完成です。


動作確認を行って完成です。




では弾速の確認です。

イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し
ホップを全開放状態で計測します。

最高で95.4m/s、10発の平均で94.6m/sとなりました。

以上、当店の東京マルイ製 G3SG-1の調整を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。


今回の調整でも使用したSUB-ZEROスプリングはピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。



なお、今月は6/20までコンパクト電動マシンガン パワーアップキャンペーンを開催しております。


キャンペーンはピークアーマメントが販売するサブゼロのコンパクト電動ガン用
スプリング「C90」や「C80」、「ダンパーリング」を東京マルイのコンパクトマシンガン
「MP7A1」、「Mac10」「Vz61スコーピオン」へ組み込んで
フルサイズ電動ガンに負けない性能へとパワーアップさせるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用して電動ガンのリフレッシュをしてみては如何でしょうか?

詳しくはコチラを御覧下さい。
  

2013年06月04日 Posted by PEAK  at 17:49Comments(0)メンテナンス