スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

大容量リポバッテリー

ラージタイプバッテリー並に大容量を誇るVFC製PEQ-15バッテリーケースに対応したリポバッテリーを御紹介します。


NB 7.4v 2100mAh PEQサイズ リポバッテリー


2100mAhと大容量ながら超軽量。
カスタムしたは良いけど、燃費が悪くなってしまったという方にもお勧めです。
キャパシティ値は15~20Cと充分なスペックを持っています。


またバッテリーケースから覗くケーブルは+/-共にブラックのケーブルを使用し、外観にも配慮しています。


そして、PEQ対応リポバッテリーの中でもリーズナブルな価格設定も魅力です。
この製品はオプションナンバー1様のOEM製品です。

NB 7.4v 2100mAh PEQサイズ リポバッテリーの御注文はコチラ!








ピークアーマメントオリジナル各種電動ガン用スプリング、SUB-ZEROは絶賛発売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年02月28日 Posted by PEAK  at 15:00Comments(0)入荷商品情報

マグプルPDRの調整

つい先日、第一弾がリリースとなったMAGPUL PTS のPDR。

当店にも入荷し、お客さまの御依頼により内部調整を致しましたので御紹介致します。



実際手に取ると非常にコンパクトで、ハンドガンのカービンコンバージョンモデルほどの大きさです。
また外装の全てが樹脂製なので軽量です。

では、分解してみます。

HEXビス3本でレシーバー上下が分割可能です。

ストックエンドのパッドはこじることで外せます。


メカボックスを取り外す際にマグウェル内のビス2本とストックエンドにある+ビス2本を取り外します。



アウターバレルをロアレシーバーに固定しているパーツを取り外し、バレルAssyを前方へ抜きます。
今回はトリガーの連結シャフトをトリガーユニット側から外してメカボックスを取り外します。
(トリガーの連結シャフトはメカボックス側で取り外してメカボックスを取り出す事も可能です。)

取り扱い説明書にはVer.3をベースにしたと、記載がありましたがP90のメカボックスにも似ていますね。
まさに手長エビ状態です。

メカボックスを開けます。

モーターコネクターはハンダ付けされていましたが、配線に気をつけながら作業が可能でしたらハンダを除去せずとも作業は可能です。
シリコンっぽいグリスが塗られていましたが、少し柔らかいので全て除去し、新たにグリスアップします。
ちなみにスイッチはMASADAと同様にマイクロスイッチを採用しています。


メカボックス前方にはチャンバーの一部である給弾ルートが成型されています。
SR47のような給弾ルートですね。


グリスアップが完了しました。
ピストン用のレールもバリが見られたので、研磨してあります。

モーターハウジングもメカボックスと一体成型です。
またスプリングはメカボックス後部から交換可能なタイプです。


各部点検した後にメカボックスをレシーバーへ載せます。

トリガーのシャフトも元の状態に戻します。


では、次にインナーバレルとホップ機構の点検を行ないます。

スプリングシャフトを抜くとインナーバレルが飛び出します。


インナーバレルとホップ機構を分解します。

ホップパッキンは赤です。MASADAとは異なるパッキンでした。
V型パッキンで、V型の土台がしっかりとしていて良いパッキンですが、
インナーバレルとのクリアランスが大きく、ブカブカの状態です。
今回はアルミテープで外周をかさ上げし、気密を確保致しました。

インナーバレルが、ここ最近、稀にみる汚れ具合で、真鍮が色落ちしているのかと思うほど汚れていて、思いのほか清掃に手間取りました。

各部点検が終わったので組み上げいたのですが、ホップダイヤルがユルユルでして、
これでは射撃の衝撃で緩んでくる恐れがありましたので、オーバーサイズのOリングを追加しました。

画像向かって左側がノーマル、右側が追加したオーバーサイズのOリングです。
このOリングはフラッシュハイダーの緩み止め用に店頭にて販売しているOリングです。

インナーバレルの組込を完了した後にメインスプリングを組み込みます。
今回はお客さまの御要望で90m/sくらいに、とのことでしたので、SUB-ZEROのS80を使用しました。

あとは、分解と逆の手順で組み上げて完成です。
と、ここまでは良かったのですが、組み上げて動作確認をした所、セミオートが使用できなくなったので
再度分解した所、トリガーシャフトのメカボックス側に引っ掛かりがありましたが、グリスアップにより症状は改善しました。

完成です。


弾速確認です。
東京マルイ製ベアリングバイオBB弾0.2g
ホップ全開放

最高で92m/s。10発平均で90.30m/sとなりました。
サイクルは7.4vリポバッテリーで13発/秒となりました。

また、このPDRの対応バッテリーはリポバッテリーとなります。
当店で確認したところ、オプションNo.1 ビッグパワー 7.4v 900mAh リポバッテリーが最適なサイズでした。
Mini-Sサイズのリポバッテリーも収納できそうでしたが、バッテリーの外皮を痛める恐れがあるので、あまりお勧めできません。

以上、当店のPTS MAGPUL PDRの内部調整内容を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。




今回の内部調整でも使用したSUB-ZEROスプリングは近日発売のピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。


  

2013年02月25日 Posted by PEAK  at 22:10Comments(0)メンテナンス

MAG再入荷!

海外製スペアマガジンの中でも均一な製品と定評のあるMAGのスペアマガジンが再入荷致しました。


MAG AK用  140連ロングマガジン



MAG SIG552用  100連マガジン



MAG MP5用  90連マガジン



MAG M14用  70連ショートマガジン



今回の入荷商品は店頭でも人気の商品です。
万が一、店頭にて売り切れの場合もございます。
御注文はお早めに!










ピークアーマメントオリジナル各種電動ガン用スプリング、SUB-ZEROは絶賛発売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年02月24日 Posted by PEAK  at 16:09Comments(0)入荷商品情報

再入荷!

当店において人気モデルの1つでもある東京マルイ製M4A1 SOCOMカービン 次世代電動ガンが再び入荷致しました。


東京マルイ 次世代 M4A1 カービン

次世代M4シリーズの中でもトラブルが非常に少なく、初心者の方はもちろんですが、
ベテランの方まで納得できるモデルです。
実射性能、バランス、各ギミックと全てが国内トップレベルの電動ガンです。

使用するバッテリーも採用率の高いMini-Sサイズのバッテリーが使用できるので、
既にバッテリーをお持ちでしたら、他の電動ガンと共用できる点も見逃せません。

飽きのこないデザインのノーマルも捨てがたいですが、様々なカスタムベースとしても最適です。


長期的に品薄の製品で、一旦品切れとなると、なかなか入手が難しいモデルですので
御注文はお早目に!

東京マルイ 次世代 M4A1 カービンの御注文はコチラ









ピークアーマメントオリジナル各種電動ガン用スプリング、SUB-ZEROは絶賛発売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月23日 Posted by PEAK  at 12:01Comments(0)入荷商品情報

Mac11の修理

今日は当店にお持込頂いたマルゼン Mac11の修理内容について御紹介致します。


ご存知の方も多いと思いますが、マルゼンのMac11はガスブローバック式で
コンパクトながらも非常に強いリコイルを持ったモデルです。

お持込頂いた物は相当長く動かしていなかったようで、
久々に動かしてみたところ、ブローバックが不調で、1発目は動作するのですが、2発目以降が動作しませんでした。
チャンバー部分を軽く押さえると動くのですが、手を離すと動作不良を起こすという状況でした。

では早速分解します。

さすがガスブローバックモデルだけに、とても簡単に分解できます。



長期保管の為かグリスが固着している部分が多数あります。

なんとなく動作不良の原因が見えてきました。



原因はこのピストン周りにありそうです。

周囲に固着しているグリスを拭き取ります。



きれいに清掃した後に潤滑剤を綿棒で塗ります。

今回使用した潤滑剤は以前にもご紹介した事のあるBELRAY製6in1です。
この潤滑剤はテフロン皮膜を形成する水置換性質で、長期潤滑性も持っています。
もちろん樹脂も侵しません。



バルブノッカー周りも汚れやグリスが付着していたので清掃し、グリスアップを行います。



各パーツの欠損もみられないので、分解とは逆の手順で組み上げて行きます。

しかし、部品点数が少ないので分解組立が非常に簡単です。



と、ここまで順調に進んだのですが、一旦組み上げて動作確認したところSEMIがバースト状態となります。

もしやと思い、組込を最初からやり直したところ、レシーバー前側のネジを締め込み過ぎると、この状態が発生するようです。


完成です。

写真を撮った後で気付きましたが、ストックを付け忘れていました。

動作に関してはSEMI/FULL共に快調に動作するようになりました。

以上、当店のマルゼン製Mac11の修理内容を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。





ピークアーマメントオリジナルのスプリングSUB-ZEROスプリングは絶賛発売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月22日 Posted by PEAK  at 15:22Comments(0)メンテナンス

量産体制!

発売以来、大変好評を頂いているピークアーマメントオリジナルスプリング

SUB ZERO」の量産体制が整い、国内の問屋様を始め海外のサプライヤー様から
たくさんの御注文を頂きました。
今後、量販店様などで見かける機会も増えるかと思います。


SUB ZEROブランドは今後もさらなるラインナップの強化を図り、
様々なニーズにお応え出来るよう精進して参りたいと思います。
ぜひ、皆様の御意見、御要望をお寄せ下さい。


また、ピークアーマメントではお客さまの必要なスプリングを1品から製作することが可能です。

例えば、廃番となったエアソフトガンの専用スプリングの製作や、お気に入りのスプリングをさらに強化したいなど、現物をお預かりする事ができればあらゆるスプリングを製作することが可能です。
不動となってしまったエアソフトガンを復活させるチャンスとなるかもしれません。
製作にあたっては、専門の職人が1点づつ手作業で製作し、熟練した目で精査して納品しております。

余談ではございますが、私共では競技用オフロードバイクのサスペンションに用いるスプリングや競技用スノーモービルのショックスプリングなども手掛けており、スプリングに対するノウハウは異業種ながらも豊富に持っております。

ぜひ、SUB-ZEROブランド製品をお手にとって頂き、製品をお試し頂ければ幸いに思います。

今後ともSUB-ZEROブランド共々、宜しくお願い申し上げます。
  

2013年02月21日 Posted by PEAK  at 15:52Comments(0)ショップ情報

電動MP7の調整

サバイバルゲームにおいて、取り回しも良く、拡張性にも優れた東京マルイ製 電動MP7。

今回はお客さまのご依頼で全体的なパワーアップと耐久性を両立した調整を行います。

御依頼内容は以下の通り
・他店でカスタムを施したもののパワーダウンが著しい(現在73m/s)
・サイクルはノーマルくらいで遠距離まで飛ばすパワーが欲しい
・耐久性を重視したい

ちなみに使用BB弾は0.2g/7.4vリポバッテリーを使用とのこと。

では早速分解します。

もう見慣れたメカボックスですね。
ちなみにMAC10とMP7ではメカボックスの取り付け方が上下逆です。


メカボックスを開けた状態です。

メタル軸受と強化スプリングが入っています。
強化スプリングは経たりのせいか、自由長が短くなっています。
またピストンもシリンダー内でスッカスカな状態です。


各パーツを点検し、清掃を行ないます。

シリンダーヘッドのクッションラバーが切れかかっていました。



各ギヤ及びメカボックス内部を清掃します。

ギヤの欠損も無かったので、グリスアップを行い組み上げます。


そこで、先ほど発見したシリンダーヘッドのクッションラバーをソルボセインから切り出します。

柔らかい素材なので切り出しが非常に困難を極めます。
実際のところ、3個くらい作り直しました。


こんな感じでメカボックスの点検及び組立が完了です。

シリンダーヘッドとシリンダーの気密が甘かったのでシールテープで補っています。
また、このコンパクト電動ガンのメカボックスはグリスを多量に使うと回転のロスとなり、
動作に異常が出る場合がありますので、適度な量としています。
今回は御依頼であったように耐久性とパワーアップを両立する為に
SUB-ZEROのコンパクト電動ガン用のソフトスプリング(近日発売)を使用し
さらにスプリングガイド側へスペーサーを追加しています。



では、次にチャンバー及びインナーバレルの点検を行ないます。

見たところ外観は異常はありません。




チャンバーをバラすと、パッキンの変形がありました。

インナーバレル、チャンバー内部を清掃します。

今回はお客さまのリクエストによりファイアーフライ製スカイフィッシュを使用しました。
但し、このパッキンは取り付け方を間違うと大幅に初速が落ちる場合があるので
何度も組み合わせが必要です。


あとは全てを組み上げて完成となりました。


別途に御依頼頂いた、フラッシュハイダーとサイレンサーを取り付けて完成です。


では、初速を確認します。

イーグルフォースバイオBB弾0.2g
7.4vリポバッテリー及びホップ全開放状態

最大で89m/s 10発平均87m/s
サイクルは11発/秒

以上の様な結果となりました。

以上、当店の東京マルイ製MP7の内部調整内容を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。




今回の内部調整でも使用したSUB-ZEROスプリングは近日発売のピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月18日 Posted by PEAK  at 21:47Comments(0)メンテナンス

FN FAL and H&K G3

たくさんの洗練された動画をアップしているPolenarTacticalさんのタクティカルシューティングムービー


今回はFN FALとH&K G3の雪中でのトレーニング内容です。



FALといえば、ベルギーのFN社を代表とする名銃ですね。
高い命中精度からあらゆる国で正式採用され、様々なバリエーションが存在しています。

ですが!
やっぱりFALはオリジナルがベスト!という方に朗報です。
なんと、トイガンメーカーのKing arms社がFALの電動ガンを再販するらしいのです。

今回はオリジナルも勿論ですが、G1もラインナップされるとのこと!

販売時期は未だ明確ではないようですが、
詳しい情報が入りましたらお知らせしたいと思います。
キャリングハンドルが付いていないFALなんて・・・という方、お楽しみに!







また昨日、御案内したSUB-ZEROの「Xリング 電動ガン用」はお陰様で、初回入荷分は完売となりました。
次回入荷は2月下旬となります。現在、予約も承っております。

ピークアーマメントオリジナルのスプリングSUB-ZEROは絶賛販売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年02月15日 Posted by PEAK  at 15:02Comments(0)ネタ

ピストンの気密対策に

ピークアーマメントではサブゼロブランドにおいてピストンリングの
成型不良や磨耗によるエアロスを軽減するピストンリング「Xリング」を発売致しました。


SUBZERO Xリング



Xリングとは、主に工業製品で使用されているOリングの一種で、
断面がX形状をしていることから「Xリング」と呼ばれています。
従来のOリングに比べ、Xリングは中心から4方向へリブが立っており、
そのリブ間に潤滑油などを保持することが可能、さらにリブの接地面積が増えるのでシール性能が向上しています。

イメージ図


グレーの部分に潤滑油を保持する事で潤滑を長期に渡って可能としています。



同径のOリングと比べ接地面積が増加します。


他にも、リブがあることによってリング自身のねじれが減少し、ねじれによる偏磨耗を起こし辛いなどといったメリットがあります。

また、一般的なOリングは成型時のバリが内外周に発生し、シール不良(エア漏れの原因)となりますが、Xリングは成型バリが発生してもリブとリブの間に出来るので、シール性を損なう事がありません。

このようなことから、電動ガンのように秒間10~20回往復運動するピストンリングとして最適な製品です。
今回、SUB ZEROブランドから一般的な電動ガン用とコンパクト電動ガン用の2種類を発売致しました。

ぜひ、この高性能「Xリング」をお試し下さい。

SUBZERO Xリング 電動ガン用

SUBZERO Xリング コンパクト電動ガン用

このほかにも各種Oリング販売を予定しております。
お楽しみに!





ピークアーマメントオリジナルのスプリングSUB-ZEROは絶賛販売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月14日 Posted by PEAK  at 15:14Comments(0)ショップ情報

次世代 m249

今日は私共のカスタムではなく、当店にもお越し頂いているお客さまのカスタムを御紹介したいと思います。

表題の通り、「次世代 M249」です。


ベースはA&KのM249です。
それをさらに英軍仕様のL110仕様に外装をカスタムしたモデルです。



ベルトリンクの可動だけでなく、リコイルシステムを組み込んでいるそうです。

そしてさらに進化したのがこちらです。


フィーディングカーバーにインジケーターを追加し、動作ギミックまで再現されています。
また、チャージングハンドルを引くと1発目が装填されるという拘り・・・
いやぁ、御自身が欲しいと思ったものを作ってしまう造作技術に、ただただ脱帽です。

このL110はオーナー所有の物ですが、今後通常のM249(ミニミ)仕様にて販売も予定されているそうです。
詳しい模様はオーナー様のブログ「Monster Element」でも御覧頂けます。

楽しみですね!





ピークアーマメントオリジナルのスプリングSUB-ZEROは絶賛販売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。

  

2013年02月13日 Posted by PEAK  at 14:52Comments(0)ネタ

Kingarms P90の調整

もう既に何度か御紹介したキングアームズ製のP90です。



今回は他店で購入された本体の調整を御依頼頂きました。
このキングアームズ製P90はメンテナンス性に大変優れており、
当店でも各パーツのテストなどに使用しています。
また外観も国産に比べて、質感だけでなくリアルな刻印は所有感の高い製品です。



では早速、分解致します。

メカボックスもプラスネジ2本で取り出すことができます。
またメカボックスを開けずとも後方からスプリングが交換できる便利な仕様です。


各パーツを取り出し、清掃します。

ちなみにこのメカボックスは軸受けに8mmベアリングを使用していますので
ベアリング内のグリスを清掃し、新たなグリスを押し込みます。


各ギヤも清掃が終わったところで、メカボックスを点検します。

この個体はピストンのレール部分、特に丸印の部分にバリがあったのでスムーズに
ピストンが動作するように研磨します。


研磨が完了したら、ピストンとの相性を確認します。

このレール部分を実際にピストンとスライドさせ、変な抵抗が無いか確認します。


スイッチ部分を点検します。

キングアームズ製ならではのきれいな接点ですね。
接点グリスを塗って完了です。


メカボックスを組み上げます。

この時、タペットプレートやセクターチップなどもシリコングリスを塗っています。


各ネジを均等に締めて完了です。

これでメカボックスは完成です。


では、次にチャンバーとインナーバレルの点検です。

チャンバーassyは押し込んで回す事でレシーバーから解放されます。



チャンバーを分解します。

インナーバレルはガラス板の上で転がして曲がりなどを確認しています。
またホップパッキン自体、悪くはないのですが、チャンバーとのクリアランスが大きかったので交換しました。
インナーバレル内を清掃して完成です。


あとは全てを組み上げて完成です。

今回はお客さまの依頼により、SUB-ZEROのS90スプリングを使用しました。
では、初速を計測します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gを使用し、ホップ全開放での結果です。


最高で93.09m/s 10発の平均で92m/sでした。
またLi-Po 7.4vで15発のサイクルという結果となりました。


以上、当店のキングアームズ製P90の内部調整内容を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。




今回の内部調整でも使用したSUB-ZEROスプリングは
ピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月10日 Posted by PEAK  at 12:05Comments(0)メンテナンス

ver.2用カットオフレバー

セミオートの動作をコントロールするメカボックスの内部パーツ「カットオフレバー」。
このパーツの磨耗や変形により、動作不良を引き起こすケースも多く見受けられます。
また安価な海外製電動ガンに使用されている物は素材的にも不安があり、
出来るだけ信頼のおけるパーツを使っておきたいところです。


そこで今回は、そんな心配を解消する製品が入荷致しましたのでご紹介致します。

SYSTEMA Ver.2専用カットオフレバー

システマといば、独自の概念で信頼性の高い製品を多数販売している日本のメーカーです。


Guarder Ver.2専用カットオフレバー

こちらはガーダー製、台湾のメーカーでこちらも非常に高い精度と品質を持ったメーカーです。


セミオートがイマイチ・・・という方、交換してみては如何でしょうか?





ピークアーマメントオリジナルのスプリングSUB-ZEROは絶賛販売中です。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月09日 Posted by PEAK  at 12:00Comments(0)入荷商品情報

KSC用魔ホップ

たくさんの要望を頂いていたKSCガスブローバック用魔ホップが入荷致しました。

A+Airsoft 魔ホップアップラバー KSCガスブロ用



飛距離が伸びると噂のホップパッキンです。







当ピークアーマメントの人気コンテンツ「ブローアウト」コーナー
現品特価処分コーナーを開設しております。
Blow outコーナー



こちらに掲載の商品は完全売り切りの大特価商品となっております。
完売となり次第、終了となります。

皆様からの御注文をお待ちしております。
  

2013年02月08日 Posted by PEAK  at 15:01Comments(0)入荷商品情報

PPSHの調整

今日は当店に御依頼頂いたS&T製PPShの調整内容を御紹介致します。

価格以上に存在感の高い電動ガンですね。


発射と同時に動くダミーボルトの金属音が特徴的です。

今回のご依頼内容は
・とりあえずサバイバルゲームで使用できる状態に
・初速はマージンをとって0.2gで95m/sまで
あまり予算をかけずに仕上げる方向でやってみたいと思います。

では早速分解します。

コツさえ掴んでしまえば非常に簡単にメカボックスを取り出すことが出来ます。


メカボックスの内部です。

スプリングはぶった切りの短い物が使用されていました。
マイクロスイッチ仕様なので接点に関してはそのままとします。
ギヤその物は可も無く不可も無い状態でしたので、バリ取りを行いグリスアップを行ないました。
シリンダーとピストンの気密は良いのですが、シリンダーヘッド周囲から空気の漏れが酷いのでOリングの上からシールテープを使い密着性を上げました。
インナーバレル長とのバランスを考えると、加速シリンダーの方が初速が安定するかと思いますが、今回は予算を抑えることを目的としているので見送ります。

各部グリスアップを行いまして、メカボックスの調整は終了です。

今回はフルサイズシリンダーという事と初速の上限を想定しまして、

SUB-ZEROのS90スプリングを使用しました。


では次にチャンバーとインナーバレルの点検を行います。

このPPShはチャンバーは分割タイプとなっていて、給弾口の部分がメカボックス側に取り付けられています。


またインナーバレルのホップ窓が小さく、それに合わせたV字パッキンを採用しています。

パッキンの材質もそれほど悪くないので、そのまま使用します。
全体を清掃し、組み上げてみたところホップの出っ張り具合も問題ありませんでした。


以上で完成と、全て組み上げてみたところ…
ん?コネクターのプラスとマイナスが逆に組まれていました。
これではバッテリーを繋いでもモーターが逆転し動作しません。
何か意図があったのでしょうか?

各所、微調整を行いまして完成です。



では、弾速を確認します。
イーグルフォース製バイオBB弾0.2gをホップ全開放にて行なっております。

指定通り最大で95.47m/s。
10発平均で94m/sとなりました。
ダミーボルトも快調に作動しております。


今回、調整を行ったPPShなど電動ガンのお持込みによる調整も随時承っております。
また、調整内容に関しまして何か御不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。





今回の調整でも使用したSUB-ZEROスプリングは
ピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月07日 Posted by PEAK  at 20:01Comments(0)メンテナンス

VFC PEQ-15専用ニッケル水素バッテリー

ここのところ、VFC製品を御紹介する機会が多いピークアーマメントでございます。

さて、先日も御紹介したVFC M4ESスティンガーHK416Cなど
バッテリーを収納する所が無い為に、最初からPEQ-15レーザーデバイス型の
バッテリーケースが付属するといった豪華仕様がラインナップされています。

海外製電動ガンというと、リポバッテリーを使用する方が多いかと思いまが、
そこは安心と実績のニッケル水素バッテリー!」という方に

ゼヒお勧めの
VFC PEQ-15専用ニッケル水素バッテリー


8.4v 1500mAhと充分なスペックを持っています。


スペアとして複数持つのも良いかもしれませんね。




当ピークアーマメントの人気コンテンツ「ブローアウト」コーナー
現品特価処分コーナーを開設しております。
Blow outコーナー



こちらに掲載の商品は完全売り切りの大特価商品となっております。
完売となり次第、終了となります。

皆様からの御注文をお待ちしております。
  

2013年02月07日 Posted by PEAK  at 12:39Comments(0)入荷商品情報

盾好きがサバゲ 2013

久々の登場となりますが、盾の人「Shifu」さんのサバイバルゲーム動画です。

今回は当店で募ったお客様と一緒に新年の顔合わせ的なイベントとして、
東京都の稲城市にある「OPS」さんへ遊びに行きました。
そのゲームのうちの1つポリタン戦の様子です。


当、ピークアーマメントでは毎月一回、各地のフィールドへお客様と遊びに行ってます。
一緒に参加を御希望の方は店頭及びEメールにてお問い合わせ下さい。
殆どの皆さんが初心者ですので御気軽に!



当ピークアーマメントの人気コンテンツ「ブローアウト」コーナー
現品特価処分コーナーを開設しております。
Blow outコーナー



こちらに掲載の商品は完全売り切りの大特価商品となっております。
完売となり次第、終了となります。

皆様からの御注文をお待ちしております。
  

2013年02月06日 Posted by PEAK  at 12:01Comments(0)ネタ

VFC M4ESシリーズ

VFC HK416Cに続き、またまたVFCの新たなラインナップの御紹介です。

今回、ご紹介するのは国産をも凌ぐ外観を持つVFCのM4シリーズに低価格を実現したエコノミーラインの登場です。

まずはコンパクトなボディが目を引く
M4ES-Stinger

このスティンガーモデルはHK416Cと同様なストックと極端に切り詰められたバレルにより
室内戦や接近戦にお勧めです。男性はもちろん女性にも最適なモデルです。


次はオーソドックスなスタイル
M4ES-Fighter

バランスの取れた外観は飽きがなく、またカスタムベースとしても最適です。


今回、御紹介した2つのモデルはピークアーマメントによる内部を調整したラインナップも展開中です。

皆様の御注文をお待ちしております。









当ピークアーマメントの人気コンテンツ「ブローアウト」コーナー
現品特価処分コーナーを開設しております。
Blow outコーナー



こちらに掲載の商品は完全売り切りの大特価商品となっております。
完売となり次第、終了となります。

皆様からの御注文をお待ちしております。

  

2013年02月05日 Posted by PEAK  at 20:02Comments(0)ショップ情報

VFC HK417の調整

今日は御注文頂いたVFC HK417の初期調整内容を御紹介致します。


以前にも入荷商品として御紹介致しましたが、外観は非常に完成度の高いモデルです。

今回は当店の初期調整としまして、代理店にて国内仕様にされたモデルを調整したいと思います。

では早速、分解します。
メカボックスの取り出し方は基本的にM4などと一緒ですが、メカボックス後部に表から
見つけにくいネジがあるのでバッファーチューブを緩めてから、メカボックスを取り出します。

非常にスリムなメカボックスで、最近のVFCが販売するM4系メカボックスと似ています。


メカボックスの分解は慣れてしまえば、難しくはないのですが、各所に独特な機構を持っているので慎重に作業を行ないます。



っと、ここで問題発生です。

新品のはずのピストンがクラッシュしていました。(赤丸の箇所です)
これは分解した際にスプリングがやけに短いと思っていたのですが、その影響と思われます。


各ギヤ、メカボックスのケースなどを掃除します。

洗浄液とパーツをビニール袋に入れて漬け置きし、後に歯ブラシで隅々までキレイに掃除を行い、乾燥させた後に各部グリスアップを行ないます。
スイッチの接点部分には接点グリスを使用しています。

あとは各パーツの点検を行い、組み上げて行きます。

今回は加速シリンダーを使用しているので、SUB-ZEROのS80を使用しました。
またクラッシュしていたピストンは廃棄とし、Modifyのポリカーボネイトピストン
加工し取り付けました。

他に、インナーバレルの点検清掃、ホップパッキンの交換及び点検を行なっております。
あとは外装品を組み上げて完成です。



では、初速の測定を行ないます。
イーグルフォース製バイオBB弾 0.2gを使用、7.4vリポバッテリーを使い、ホップは全開放にて行なった結果です。

セミオート

10発平均初速 約92m/s


フルオート

初速:91.6m/s サイクル:14.6/s

以上、当店の内部調整内容を御紹介致しました。
また当店では、お持込みによる調整も随時承っております。
ぜひ、お問い合わせ下さい。



今回の内部調整でも使用したSUB-ZEROスプリングは
ピークアーマメントオリジナルのスプリングです。

SUB-ZEROブランド製品は卸販売も行なっております。
御希望の業者様はピークアーマメント 担当:関口までお問い合わせ下さい。
  

2013年02月04日 Posted by PEAK  at 22:35Comments(0)メンテナンス

次世代 SCAR-Lの修理

今日は当店でお買い上げ頂いた東京マルイ製SCAR-Lの修理内容を御紹介致します。

製品として完成度はもちろん性能も優れた電動ガンですね。

今回の御依頼内容はゲーム中に転倒してしまい、フロントサイトを止めているピンが
抜け落ちてしまい、ガスブロックもろとも外れてしまったとの事。
また、今回の修理に伴いCQCモデルと同様にショート化の御依頼です。

では抜け落ちたピンを確認します。
赤丸の部分のパーツです。

ピンは転倒の時に紛失しまったとの事なので代用品を用意します。


お預かりした時にビスの緩みも点検して欲しいとの事でしたので、各所確認してみると…

ものの見事にレシーバーを止めているビスが2本とも抜け落ちていました。


ショートバレルを組み込んだ状態です。

組込は非常に簡単ですが、トルクスドライバーなどが必要になります。
また抜け落ちたピンは純正品を取り寄せても良かったのですが、また抜け落ちる可能性が非常に高いので同寸のスプリングピンを圧入しました。
これにより、ちょっとやそっとの事では抜けない仕様となりました。


また組み込む際に外装に関わるビスへネジロック剤を塗布し、完成です。

この個体は数回のゲームに関わらず、かなりの部分にネジの緩みがありました。
次世代というリコイルのせいもあるかもしれませんが、皆様もゲーム後には御確認を!


また今回使用した皿ネジやスプリングピンはピークアーマメントにて在庫しております。
もし、同様な件で御困りの方は是非お問い合わせ下さい。







当ピークアーマメントの人気コンテンツ「ブローアウト」コーナー
現品特価処分コーナーを開設しております。
Blow outコーナー


今回はなんと!東京マルイガスブロMP7やVFCHK417、SKD社のBDUなどを
売り切り大特価にて放出中です!

こちらに掲載の商品は完全売り切りの大特価商品となっております。
完売となり次第、終了となります。

皆様からの御注文をお待ちしております。
  

2013年02月01日 Posted by PEAK  at 17:11Comments(0)メンテナンス